さっぽろ 内科 リウマチ 膠原 病 クリニック。 リウマチ膠原病内科

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

さっぽろ 内科 リウマチ 膠原 病 クリニック

2017年に開院した札幌市内では数少ないリウマチ膠原病治療に特化したクリニック。 近祐次郎院長は20年以上にもわたり、リウマチ治療をメーンとしており豊富な知識と経験を持つ。 「リウマトレックスや生物学的製剤といった抗リウマチ薬の登場でリウマチの治療はここ20年で劇的に変化している」と語るように最新治療法を熟知。 近院長の診断を求めて道内各地から患者が訪れる。 年齢も幅広く、下は15歳から上は90歳。 北大病院の医師から紹介があることからも評価の高さがうかがえる。 また、一般内科医として成人病疾患や骨粗しょう症などにも精通。 リウマチとの併発や、シェーグレン症候群といった膠原病の合併症も的確に診断している。 「関節痛など症状が似ている乾癬性関節炎や強直性脊椎炎といった疾患もあり、リウマチの診断は難しい。 ただ早めの治療開始で寛解も望めるので、専門医に適切な診断をしてもらってほしい」と近院長。 なお、火曜日午前はリウマチ専門医の田中宏美医師(女性)が診断する。

次の

北海道札幌市/内科(膠原病)

さっぽろ 内科 リウマチ 膠原 病 クリニック

説明は「わかりやすく丁寧に」を心がけています。 研究や教育もやりがいはありましたが、多くの患者さんと関わり、患者さんから感謝の言葉をいただくことで、専門医として努力してきたことが報われた気がし、何より医者になって本当に良かったと実感できました。 女性に多く、長期的な治療が大切なリウマチ。 ですが、病院では待ち時間ばかりが長く、診察はすぐ終わってしまうということも珍しくありません。 女性の方に快適に、専門クリニックでもお待たせしない診療を目指し、過去に前例のないユニークなクリニックを開院しました。 専門医による最新の治療を、患者さん一人一人に寄り添って提供していきたいと考えております。 あなたに寄り添い、共にリウマチに向き合う医療を。 院長 澤向 範文• 朝にこわばりがある• ふしぶしが痛い• 手足が腫れぼったい• 熱っぽい、微熱がある• 疲れやすくなった• 関節が3か所以上痛い• 腱鞘炎が続く• 歩くと足の裏が痛い• 皮膚に異変が出てきた• 手足の変形がある• 家事がしづらくなった• 携帯をしづらくなった• 痛みで雪かきができなくなった• 血縁者にリウマチの方がいる これらの症状が1週間続けば疑いがあります。 朝に強いことが多いですが、人それぞれです。 最初は断続的に続くなど、波があることもあります。 手の症状でお気づきになる方が多いですが、足の指の付け根などにもリウマチは出ます。 例えば右肘だけなど、一つの関節だけでも可能性は考えられます。 気になる症状があったら初診のご予約をおすすめいたします。 Blood. 2012. Sawamukai N, et al. , Mast cell-derived tryptase inhibits apoptosis of human rheumatoid synovial fibroblasts via rho-mediated signaling. Arthritis Rheum. 2010. Sawamukai N, et al. , J Immunol. 2007. 上記の筆頭著者論文他、共著者、国内・国際学会発表多数.

次の

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニックの口コミ・評判(1件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

さっぽろ 内科 リウマチ 膠原 病 クリニック

Three? year safety and two? year effectiveness of etanercept in patients with rheumatoid arthritis in Japan: Results of long? term postmarketing surveillance. Mod Rheumatol. 2019 29 5 :737-746. Tanaka Y, Oba K, Koike T, Miyasaka N, Mimori T, Takeuchi T, Hirata S, Tanaka E, Yasuoka H, Kaneko Y, Murakami K, Koga T, Nakano K, Amano K, Ushio K, Atsumi T, Inoo M, Hatta K, Mizuki S, Nagaoka S, Tsunoda S, Dobashi H, Horie N, Sato N. Sustained discontinuation of infliximab with a raising-dose strategy after obtaining remission in patients with rheumatoid arthritis: the RRRR study, a randomised controlled trial. Ann Rheum Dis. 2019 Oct 19. Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Mimori T, Ryu J, Takei S, Takeuchi T, Tanaka Y, Takasaki Y, Yamanaka H, Yoshizawa Y, Chinen I, Nakao T, Koike T. Safety and effectiveness of abatacept in Japanese non-elderly and elderly patients with rheumatoid arthritis in an all-cases post-marketing surveillance. Mod Rheumatol. 2019 29 5 :747-755. Fujimori Motoshi,Kamishima Tamotsu,Narita Akihiro,Henmi Mihoko,Kato Masaru,Sutherland Kenneth Nishida Mutsumi,Tanaka ,Yuki Yutong Lu,Tanimura Kazuhide,Atsumi Tatsuya. Quantitative power Doppler signal assessment in the subchondral bone region of the metacarpophalangeal joint is an effective predictor of radiographic progression in the hand of rheumatoid arthritis: a pilot study. 中手指節関節の軟骨下骨領域における定量的パワードップラー信号評価は、関節リウマチの手でのX線撮影の進行の効果的な予測因子です:パイロット研究 Rheumatology international 2019 Aug Vol. 39 8 :1413-1421 Kazuki Kato, Nobutoshi Yasojima, Kenichi Tamura, Shota Ichikawa, Kenneth Sutherland, Masaru Kato,Jun Fukae, Kazuhide Tanimura, Yuki Tanaka, Taichi Okino, Yutong Lu, Tamotsu Kamishima.? Detection of Fine Radiographic Progression in Finger Joint Space Narrowing Beyond Human Eyes: Phantom Experiment and Clinical Study with Rheumatoid Arthritis Patients. Scientific Reports. 2019 Dec volume? 9 1 : Article? number:? 02 院内の治療、「見える化」の動き 丸山真吾 BSジャパン「教えて!ドクター家族の健康」/2019年2月19日(第一三共) 進歩した関節リウマチの治療法 小池隆夫 Medical forum CHUGAI 2019 Vol. 23 No. 4 P32(中外) 「リウマチ患者さんの人生の質向上を目指して 〜チーム医療で患者さんに寄り添う医療を実践〜」 UHB 「リウマチと共に生きる」/2019年4月13日(ユーシービー) UHB みんテレ 「病を知る」/2019年4月25日 関節リウマチを知る㈰ リウマチ領域プログラムのご紹介(アッヴィ) Academy of Imaging (AOI):関節エコーワークショップ 小池隆夫 「屈指の活動実績を誇るワークショップを通じ、関節エコーの臨床応用を促進」 リウマチ領域プログラムのご紹介(アッヴィ) 関節エコー施設研修 谷村一秀 「関節エコー実践に向けたスキルとノウハウを学べる 充実の施設研修プログラム」 学会記録集 JCR2019 P5(エーザイ) 邉見美穂子 「関節超音波検査を用いた関節リウマチ滑膜炎の評価法の検討」 クォリティ 2019年5月号 P43 「小池隆夫北大名誉教授らがリウマチの「市民健康講座」 クォリティ 2019年5月号 P141 「患者目線で「人生の質」に注目 療養生活をチームで支える ケア 2019年7月号 P44-45 ビューポイント 「薬物療法の進歩で、関節リウマチ治療は寛解を目指せる時代に 市民健康講座「その痛みもしかして・・・リウマチ?」 anatato summer2 P8-9 (日本イーライリリー) そうだ ドクターに聞いてみよう 小池隆夫 谷村一秀 医療と介護ナビ 2019年版 夏・秋号 P70 石田 栄 「関節リウマチの合併症では特に間質性肺炎注意。 / Lisbon. / 2018. 16-20. 座長 Takao Koike 11th International Congress on Autoimmunity. / Lisbon. / 2018. 16-20. Defective renal autoregulation in the chronic bile duct ligation model of liver failure. Clin Exp Nephrol. 2018 Mar 7:1551-9. Fukae J, Tanimura K, Isobe M, Kitano A, Henmi M, Nakai M, Aoki Y, Sakamoto F, Narita A, Ito T, Mitsuzaki A, Matsuhashi M, Shimizu M, Kamishima T, Atsumi T, Koike T. Active synovitis in the presence of osteitis predicts residual synovitis in patients with rheumatoid arthritis with a clinical response to treatment. Int J Rheum Dis. 2018 21:1809-1814. Yamanaka H, Hirose T, Endo Y, Sugiyama N, Fukuma Y, Morishima Y, Sugiyama N, Yoshii N, Miyasaka N, Koike T. Three-year safety and two-year effectiveness of etanercept in patients with rheumatoid arthritis in Japan: Results of long-term postmarketing surveillance. Mod Rheumatol. 2018 Aug 9:1-25. Takeuchi T, Harigai M, Tanaka Y, Yamanaka H, Ishiguro N, Yamamoto K, Miyasaka N, Koike T, Ukyo Y, Ishii Y, Yoshinari T, Baker D; GO-MONO study group. Clinical efficacy, radiographic, and safety results of golimumab monotherapy in Japanese patients with active rheumatoid arthritis despite prior therapy with disease-modifying antirheumatic drugs: Final results of the GO-MONO trial through week 120. Mod Rheumatol. 2018 28 5 :770-779. Harigai M, Ishiguro N, Inokuma S, Mimori T, Ryu J, Takei S, Takeuchi T, Tanaka Y, Takasaki Y, Yamanaka H, Yoshizawa Y, Chinen I, Nakao T, Koike T. Safety and effectiveness of abatacept in Japanese non-elderly and elderly patients with rheumatoid arthritis in an all-cases post-marketing surveillance. Mod Rheumatol. 2018 Sep 14:1-23. Hashimoto S, Yamamoto R, Maoka T, Fukasawa Y, Koike T, Shigematsu T. A Case of Chronic Calcium Oxalate Nephropathy due to Short Bowel Syndrome and Cholecystectomy. Case Rep Nephrol Dial. 2018 Aug 10;8 2 :147-154. Abe N, Kasahara H, Koike T. Hypertrophic osteoarthropathy: Detecting periosteal inflammation using Doppler ultrasound. Eur J Rheumatol. 2018 Jul;5 2 :151-152. Watanabe T, Fukae J, Fukaya S, Sawamukai N, Isobe M, Matsuhashi M, Shimizu M, Akikawa K, Tanimura K, Atsumi T, Koike T. Incidence and risk factors for reactivation from resolved hepatitis B virus in rheumatoid arthritis patients treated with biological disease-modifying antirheumatic drugs. Int J Rheum Dis. 2018 Oct 18 Tsukasa Matsubara, Hiroshi Inoue, Toshihiro Nakajima, Kazuhide Tanimura, Akira Sagawa, Yukio Sato, Kei Osano, Shuji Nagano, Yukitaka Ueki, Tadamasa Hanyu, Koichi Hashizume, Norihito Amano, Yoshiya Tanaka and , Tsutomu Takeuchi Abatacept in combination with methotrexate in Japanese biologic-naive patients with active rheumatoid arthritis: a randomised placebo-controlled phase IV study. RMD Open 2018 Dec4: 4 2 : :e000813. doi :10. Ralston、宮坂信之、小池隆夫:メトトレキサート未治療早期関節リウマチ患者に対する予後不良因子の検討とセルトリズマブペゴルの有用性の検討:無作為化、プラセボ対照第三相、 C-OPERA試験のサブグループ解析.臨床リウマチ 30: 89-97, 2018 谷村一秀:痛風・偽痛風の超音波診断. Locomotive Pain Frontier7(2): 14-18, 2018 松橋めぐみ:外来関節リウマチ患者へのデノスマブ投与は有用である.札医通信 増刊 No318, 21-22, 2018 深江 淳:関節リウマチの臨床と画像 内科医の立場から.画像診断 38(7): 618-621, 2018 神島 保、深江 淳:関節リウマチの臨床と画像 放射線科医の立場から.画像診断 38(7): 626-630, 2018 その他 クォリティ 2018年 5月号 P117 「リウマチ膠原病の第一人者・小池隆夫北大名誉教授が 4月から最高顧問として診療」 メドピア ムービ(エーザイ) 谷村一秀 「当院における csDMARD使用症例の関節エコー評価とイグラチモドへの期待」 北海道新聞/ 2018年 3月 31日/ 2018年 4月 21日 市民健康講座のお知らせ HBC北海道放送/ 2018月 4月 22日/ 8: 35-8: 39(中外製薬) 小池隆夫 「RAの病態、症状、診断、治療について・市民健康講座にむけて」 HBC北海道放送 カーナビ Radio 午後一番/ 2018月 5月 7日/ 12: 45~(中外製薬) 谷村一秀 生出演 「RAの病態、症状、診断、治療について。 International Journal of Rheumatic Diseases 2017 坂本文彦、成田明宏、邉見美穂子、浅野厚歩、谷村一秀:リウマチ超音波における新しい音響カプラー SF-001の評価.MEDIX(67)12-16,2017 Fumihiko Sakamoto,Akihiro Narita,Mihoko Henmi,Atsuho Asano,Kazuhide Tanimura:Evaluation of a New Acoustic Coupler,SF-001,for ultrasound evaluation of rheumatic diseases. .MEDIX(67)12-16,2017 深江 淳、澤向範文、磯部将人、松橋めぐみ、清水昌、谷村一秀:関節リウマチ滑膜炎は、骨炎との存在下で難治化し残存しやすくなる.第42回 札幌市医師会医学会誌,2017 伊藤武哉、佐藤義博、光崎明生、佐藤潤一、高木利史、下里一馬、大山陽平、高松尚徳 吉田幸司 三藤瑞枝:関節リウマチ患者における骨格筋エコーの輝度と運動能力との関係. 第42回 札幌市医師会医学会誌,2017 その他 北海道医療新聞 2174号 発行日:2017年4月28日 「石田医師着任・呼吸器内科を5月から標榜」 医療と介護ナビ 2017年 夏・秋号 P. 78 「関節リウマチは薬物療法の進歩で寛解も視野に。 重要なのは早期発見・早期治療」澤向範文 HBC北海道放送 カーナビRadio 午後一番 2017年6月28日14:22~ 「RAの病態、症状、診断、治療について」 谷村一秀生出演 財界さっぽろ 2017年6月号 P. 186 「新たに呼吸器内科を開設しリウマチ合併症治療に対応」 クォリティ 2017年6月号 P. 95 「今年4月に石田栄医師が呼吸器内科医長に就任 肺炎や肺線維症などリウマチ膠原病の合併症予防に注力」 リウマチ NEWS LETTER 56 December P. , Mori, H. , Aoki, T. , Atsumi, T. , Kawahito, Y. , Nakayama, H. , Tohma, S. , Hasegawa, H. , Tanigawa, H. , Tanimura, K. , Neguro, N. , Yamanishi, Y. , Ueki, Y. , Kawakami, A. , Eguchi, K. , Saito, K. , Okada, Y. 10:1-5, 2013 「当院におけるイグラチモド(ケアラム)の使用症例の関節エコー評価」 谷村一秀、北野明美 新薬と臨床 J. Kamishima T,Tanimura K, Aoki Y, Kosaka N, Shimizu M, Matsuhashi M, Fukae J, Kon Y, Terae S, Shirato H. Skeletal Radio40(1), 65-74, 2011 「関節超音波(エコー)画像による治療評価」 深江淳他 Mebio28(2), 80-86, 2011 「日本リウマチ学会関節リウマチ超音波標準化委員会:リウマチ診療のための関節エコー撮像法ガイドライン」 羊土社, 2011 「超音波評価法の標準化に向けて」 深江淳 炎症と免疫19(3), 242-246, 2011 Radiographic prognosis of Finger Joint Damage Predicted by Early alteration in synovial vascularity predicts radiographic prognosis of finger joint damage in patients with rheumatoid arthritis: Potential utility of power doppler sonography in clinical practice. Jun Fukae ,Masato Isobe, Akemi Kitano, Mihoko Henmi, Fumihiko Sakamoto, Akihiro Narita, Takeya Ito, Akio Mitsuzaki, Kazuhide Tanimura, Megumi Matsuhashi, Tamotsu Kamishima, Tatsuya Atsumi, Takao Koike Arthritis Care Res. 68, Suppl5, 284-288, 2010 「超音波検査法を用いた関節リウマチの新しい治療法(超音波検査法の手技)」株式会社メディカルレビュー社. 21-88, 2010 谷村一秀、清水昌人、松橋めぐみ、深江淳、近祐次郎、成田明宏、邉見美穂子、坂本文彦、北野明美 他 Change of synovial vascularity in a single finger joint assessed by power doppler sonography correlated with radiographic change in rheumatoid arthritis: comparative study of a novel quantitative score with a semiquantitative score. Fukae J, Kon Y, Henmi M, Sakamoto F, Narita A, Shimizu M, Tanimura K, Matsuhashi M, Kamishima T, Atsumi T, Koike T. Arthritis Care Res. 62(5), 657-63, 2010 May 「超音波でみる関節リウマチ所見」 谷村一秀、成田明宏 リウマチ診療の要点と盲点. 92-95, 2010 「関節リウマチ診療における超音波検査」 谷村一秀 健康隆々. 2(2), 8-11, 2010 「超音波検査による関節炎の評価」 谷村一秀、小池隆夫 医学のあゆみ. 4(3), 4-6, 2010 「生物学的製剤有効性評価における関節エコー(PDUS)の有用性」 谷村一秀、北野明美 臨床リウマチ(臨床リウマチ学会雑誌)22(4), 394-400, 2010 「RA評価に対する超音波診断」 邉見美穂子、谷村一秀 Arthritis. 8(3), 162-167, 2010 「関節リウマチの最新の話題:診断から治療まで」 深江淳、成田明宏、邉見美穂子、坂本文彦、谷村一秀 超音波検査技術. 35(6), 654-661, 2010.

次の