うつろひたる菊現代語訳。 蜻蛉日記【あらすじ・現代語訳・簡単な要約・読書感想文・解説】

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

うつろひたる菊現代語訳

蜻蛉日記(かげろうにっき) 作者:藤原道綱母(ふぢわらのみちつなのはは) 「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら さて、九月(ながつき)ばかりになりて、出でに たるほどに、箱のあるを、手まさぐりに開けてみれば、 人のもとにやらむとしける文あり。 さて、九月ごろになって、(作者の夫の兼家が)出て行ってしまった時に、文箱があるのを手慰みに開けて見ると、他の女のもとに届けようとした手紙がある。 あさましさに見てけりとだに知られむと思ひて、書きつく。 意外なことだとあきれて(自分が)見てしまったということだけでも(夫の兼家に)知られようと思って、書きつける。 うたがはし ほかに渡せる ふみ見れば ここやとだえに ならむとすらん 疑わしいことです。 他の女性に送る手紙を見ると、ここへ(あなたが訪れること)は、途絶えようとしているのでしょうか。 など思ふほどに、むべなう、十月(かみなづき)つごもり方(がた)に、三夜(みよ)しきりて見えぬときあり。 などと思ううちに、思った通り、十月の末ごろに三晩続けて来ないときがあった。 つれなうて、「しばし試みるほどに。 」など気色(けしき)あり。 (それにもかかわらず、夫の兼家は)素知らぬ顔で、「しばらく(あなたの気持ちを)試しているうちに。 」などというそぶりである。 これより、夕さりつ方(かた)、「内裏(うち)に、逃るまじかりけり。 」とて出づるに、 ここ(私の家)から、夕方ごろ、「内裏(宮中)に断れそうにない用事があるのだ。 」と(夫の兼家が)出かけるので、 心得で、人をつけて見すれば、「町小路(まちのこうじ)なるそこそこになむ、止まりたまひぬる。 」とて来たり。 (私は)納得できず(おかしいと思って)、召し使いの者をつけて見させると、「町の小路にあるどこそこに、お止まりになりました。 」と(召し使いの者は)言って帰って来た。 さればよと、いみじう心憂しと思へども、言はむやうも知らであるほどに、二、三日(ふつかみか)ばかりありて、暁方(あかつきがた)に、門をたたくときあり。 思った通りだと、たいそう嘆かわしいと思うけれども、言いようも分からないでいるうちに、二、三日ほどして、明け方に門をたたくときがあった。 さなめりと思ふに、憂くて開けさせねば、例の家とおぼしきところにものしたり。 その(夫の兼家が訪れて来た)ようだと思うと、気に食わなくて、(門を)開けさせないでいると、例の家(町の小路の女の家)と思われるところに行ってしまった。 つとめて、なほもあらじと思ひて、 翌朝、そのままにしてはおくまいと思って、 嘆きつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくる間は いかに久しき ものとかは知る 嘆きながら一人で寝る夜が明けるまでの間は、どんなに長いものか分かりますか。 (いえ、分からないでしょう。 と、例よりはひき繕ひて書きて、移ろひたる菊に挿したり。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色あせた菊に挿し(て手紙を送っ)た。 返り言、「あくるまでも試みむとしつれど、とみなる召し使ひの、来合ひたりつればなむ。 いと理(ことわり)なりつるは。 返事は、「夜が明けるまで待とうと試みたけれど、急用の召使の者が、来合わせたので。 (あなたのお怒りも)まことにもっともなことである。 げにやげに 冬の夜ならぬ まきの戸も おそくあくるは わびしかりけり」 まことにまことに、(冬の夜はなかなか明けないものであるが、)冬の夜ではない真木の戸も遅く開くのを待つのはつらいことですよ。 さても、いとあやしかりつるほどに、ことなしびたり。 それにしても、たいそう不思議なほど、(兼家は)何気ないふりをしている。 しばしは、忍びたるさまに、「内裏に。 」など言ひつつぞあるべきを、 しばらくは、(本来、他の女のもとに通うのを)隠している様子で、「宮中に。 」などと言っているべきなのに、 いとどしう心づきなく思ふことぞ限りなきや。 ますます激しく不愉快に思うことはこの上ないことよ。 lscholar.

次の

蜻蛉日記町の小路の女うつろひたる菊品詞分解現代語訳

うつろひたる菊現代語訳

つとめて 【注1】、 なほ 【注2】も あらじ 【注3】と思ひて、 嘆きつつひとり寝る夜 の 【注4】 あくる 【注5】間は いかに 【注6】久しきものとかは 知る 【注7】 と、 例 【注8】よりは ひきつくろひ 【注9】て書きて、 うつろひたる 【注10】菊に さしたり 【注11】。 返り事、「明くるまでも 試みむ 【注12】と しつれ 【注13】ど、 とみなる 【注14】召し使ひ の 【注15】 来合ひたりつれ 【注16】ば なむ 【注17】。 いと ことわりなりつるは 【注18】。 げにや 【注19】げに冬の夜 ならぬ 【注20】まきの戸も遅くあくるは わびしかりけり 【注21】」 さても、いと あやしかりつる 【注22】ほどに、 ことなしびたる 【注23】。 しばしは、 忍びたる 【注24】さまに、「内裏に。 」など言ひつつぞ あるべき 【注25】を、 いとどしう 【注26】 心づきなく 【注27】思ふことぞ、 限りなきや 【注28】。 重要な品詞と語句の解説 語句【注】 品詞と意味 1 つとめて 名詞。 意味は「翌朝」。 2 なほ 副詞。 意味は「そのまま何もしないで」。 3 あらじ ラ変動詞「あり」の未然形+打消意志の助動詞「じ」の終止形。 意味は「いられまい」。 4 の 格助詞の主格。 意味は「~が」。 「の」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 5 あくる カ行下二段動詞「あく」の連体形。 「明くる」と「開くる」の掛詞になっている。 6 いかに 副詞。 意味は「どんなに」。 7 知る ラ行四段動詞「知る」の連体形。 係助詞「かは」に呼応している。 8 例 名詞。 意味は「いつも」。 9 ひきつくろひ ハ行四段動詞「ひきつくろふ」の連用形。 意味は「注意を払う」。 10 うつろひたる ハ行四段動詞「うつろふ」の連用形+存続の助動詞「たり」の連体形。 意味は「色あせている」。 11 さしたり サ行四段動詞「さす」の連用形+完了の助動詞「たり」の終止形。 意味は「挿した」。 12 試みむ マ行上一段動詞「試みる」の未然形+意志の助動詞「む」の終止形。 意味は「試みよう」。 「む(ん)」の見分け方については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 13 しつれ サ変動詞「す」の連用形+完了の助動詞「つ」の已然形。 意味は「した」。 14 とみなる ナリ活用の形容動詞「とみなり」の連体形。 意味は「急だ」。 15 の 格助詞の主格。 「~が」。 16 来合ひたりつれ ハ行四段動詞「来合ふ」の連用形+完了の助動詞「たり」の連用形+完了の助動詞「つ」の已然形。 意味は「来合わせてしまった」。 17 なむ 係助詞「なむ」。 「なむ」の後に「帰りし・去りし」などが省略されている。 係り結びの省略については、以下のページで詳しく解説をしていますので、よろしかったら、ご確認下さい。 18 ことわりなりつるは ナリ活用の形容動詞「ことわりなり」の連用形+完了の助動詞「たり」の連体形+終助詞「は」。 意味は「当然のことであったなあ」。 19 げにや 副詞「げに」+間投助詞「や」。 意味は「本当に」。 20 ならぬ 断定の助動詞「なり」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形。 意味は「ではない」。 21 わびしかりけり シク活用の形容詞「わびし」の連用形+詠嘆の助動詞「けり」の終止形。 意味は「つらいものだなあ」。 22 あやしかりつる シク活用の形容詞「あやし」の連用形+完了の助動詞「つ」の連体形。 意味は「不審に思っていた」。 23 ことなしびたる バ行四段動詞「ことなしぶ」の連用形+存続の助動詞「たり」の連体形。 意味は「素知らぬ顔をしている」。 24 忍びたる バ行上二段動詞「忍ぶ」の連用形+存続の助動詞「たり」の連体形。 意味は「隠している」。 25 あるべき ラ変動詞「あり」の連体形+当然の助動詞「べし」の連体形。 意味は「あるべき」。 26 いとどしう シク活用の形容詞「いとどし」の連用形。 意味は「ますます」。 「いとどし う」は「いとどし く」がウ音便化している。 27 心づきなく ク活用の形容詞「心づきなし」の連用形。 意味は「不愉快だ」。 28 限りなきや ク活用の形容詞「限りなし」の連体形+間投助詞「や」。 意味は「この上ないことよ」。 翌朝、そのままなにもしないでいられまいと思って、(和歌を詠んだ。 ) 嘆きながら、一人で寝る夜が明けるまでの間が、どんなに長いものかを、あなたは分かっていますでしょうか。 戸を開ける間も待てないあなたですから、分からないでしょうね。 と、いつもよりは注意を払って書いて、色のあせている菊に挿した。 (そしてそれを夫に送った。 )夫の返事として、「夜が明けるまでも待つことを試みようとしたけれども、急用の役人が来合わせてしまったので、(行かざるを得なかったのですよ。 )(あなたが言うことは)しごく当然のことでありましたよ。 本当に本当に(あなたが言うとおり冬の夜はなかなか明けずつらいものだけれど)、冬の夜ではない槇の戸を、なかなか開けてもらえないのもつらいことでしたよ。 」 それにしても、とても不審に思っている中で、(夫は)素知らぬ顔をしている。 しばらくは、隠している感じで、「宮中に 行く)。 」などと言い続けるべきなのに、ますます不愉快に思うことは、この上ないことよ。 いかがでしたでしょうか。 この箇所で特に重要な文法事項は次の通りです。 ・和歌の掛詞が分かるようにしておきましょう(注5)。 ・係り結びの省略は、省略された語が補えるようにしておきましょう(注17)。 ・注18「ことわりなり」・注19「げに」・注21「わびし」・注22「あやし」・注23「ことなしぶ」・注27「心づきない」は重要単語ですので、訳せるようにしておきましょう。 倉橋先生! 講義ありがたいんですが、 この話、仲直りできてない じゃないですか!! だから言ったでしょ。 この場面に相応しく ないって!! 知りませんよ。 やばい!! 妻が変身した!! !!! 何これ? 奥さん、変わりすぎでしょ!! うちに妻、 めちゃくちゃ強いので、 たぶんやられちゃうと 思うんですけど、 一緒に戦いましょう。 一緒にって、私、 関係ないですけど。 何で戦うのですか? ボス戦と同じなんで、 強制的に戦闘に なりまーす。 !!! この画面、前にも 出てきたな!.

次の

蜻蛉日記『嘆きつつひとり寝る夜・うつろひたる菊』 現代語訳

うつろひたる菊現代語訳

彼女はけっして生まれつき身分が高かったわけではありませんが、 持ち前の美しさと、和歌の高い才能によって「藤原兼家」にみそめられ、一気に高貴な身分となりました。 「藤原兼家」は藤原家の繁栄に大きく貢献した人物なので、学校の授業で習ったことを覚えている方も多いかもしれませんね。 ただし、 一見華やかにみえる作者も、実際の生活では、夫の浮気に嫉するなどいつも不満を抱えていたようです。 「夫が家に来たけれども、嫉妬心からしばらく無視していると別の女性のところに行ってしまった」などはなんとも生々しいですね(笑) その後に作者が送った和歌には「悲しい」という言葉とともに、枯れかけた菊を添えています。 「蜻蛉日記」は物語の内容自体も高く評価されていますが、 素晴らしい和歌が多数収録されていることでも当時から絶賛されていました。 現代まで残っている「百人一首」でも、今回のあらすじでご紹介した なげきつつ ひとり寝(ぬ)る夜の あくるまは いかに久しき ものとかは知る が収録されているほどです。 ちなみに、「蜻蛉日記」以降、女性が描く日記文学は広く人気が高まっていって、 「右大将道綱母」の姪にあたる「菅原孝標女(すがわらのたかすえのむすめ)」は「 更級日記」を書き記しています。 「蜻蛉日記」は現代語訳なら非常に読みやすいのですが、かなり長い文章ではあるので、 興味のある方はマンガでざっくりと読んでしまった方がいいかもしれません。 漫画であれば、現代の女性にも非常におススメできます。 以上、『蜻蛉日記の【あらすじ・現代語訳・簡単な要約・読書感想文・解説】』でした! 最後までお読みいただきありがとうございました はてなブックマークやSNSシェアなどしていただけると涙がちょちょ切れます。。。

次の