ぼっ ち 転生 記 な ろう。 タダラフィルいんぽてんつed勃起力精力錠

ぼっち転生記 / 伊藤いーと おすすめ漫画

ぼっ ち 転生 記 な ろう

ホグワーツに入ってもう1ヶ月。 私は今スネイプと共に昼食を取っている。 「あら!二人共、早いのね。 」 「アン先輩!」 アンドロメダがやって来た。 一緒に昼食を取る。 「今日は、午後から授業はないんだよね? それに皆何だか浮き足立っているような 気がする…どうしてかな?」 私がそう言うと、アンドロメダとスネイプは顔を見合せた。 「お前…気付いていなかったのか? 明日はハロウィンだぞ。 」 「フフっ。 ハリエットとセブルスは初めて のハロウィンね!ホグワーツのハロウィ ンは凄いわよ!料理もハロウィン仕様に なるの。 早く明日にならないかしら?」 そうか…。 ハロウィンか…。 両親二人が命懸けで私を守ってくれた日。 ホグワーツに入学する前は両親の命日を知らなかったし、機嫌を良くしたダドリーが唯一お菓子をくれる日だったからむしろ好きな日だった。 だが、両親の命日と知ってからは楽しむ気にはどうしてもなれなかった。 「…ット…ハリエット!」 「えっ?」 「大丈夫?少しつらそうだったから…。 」 どうやら心配をかけてしまったようだ。 「その…私の大切な人達の命日が明日なので あまり祝う気分になれなくて…ごめんなさ い。 楽しい雰囲気を壊してしまって…」 「気にしないで。 仕方ないわ。 」 アンドロメダが私の頭を撫でる。 精神年齢的には私と同い年のはずだが、彼女の方が大人だ。 「セブ!今は一人なのね?ハリエットは どうしたの?」 リリーだ。 僕はハリエットが図書室にいる事を伝える。 「そうなのね…。 明日の為に彼女と一緒に お菓子作りをしたいと思ったんだけど… 忙しいのかしら?」 確かレポートの資料集めだと言っていたが… すると後ろから声をかけられる。 「リリー!とスニ……スネイプ。 」 ポッターだ。 僕は咄嗟に杖を構える。 すると奴は手を挙げた。 怪しい…何が狙いだ? 「スネイプ。 今日は一時休戦としようじゃ ないか。 先に謝っておく。 ハリエットの 話を聞いてしまったんだ。 でも僕らは彼 女に笑ってもらいたい。 明日を楽しい日 にしてあげたいんだ。 それは君も同じだ ろう?利害の一致だ。 協力してくれない か?友人としてもだけど、明日に楽しい 気分じゃない人が一人でもいるなんて、 悪戯仕掛け人の名が廃るよ!!」 確かに利害は一致している。 僕は杖を下ろす 「ちょっと待って!話が見えないのだけれ ど……ちゃんと説明してくれない?私も ハリエットと友達よ!」 そう言えばリリーには言っていなかった。 まぁ人の事をベラベラ話すのはよくないが今回は仕方ないだろう。 僕はリリーに伝える。 「そう…大切な人が…それじゃあ笑えない わね。 」 リリーが目を伏せる。 ポッターが 「リリー!君はなんて優しいんだ!流石Myエンジェル!」と訳の分からない事を言ってたが、ルーピンに「うるさいよ」と頭を殴られていた。 「それなら私に考えがあるわ!彼女と一緒 に明日のお菓子を作ろうと思っていたの よ!前日から準備すればきっと楽しみに してくれるわ!」 「すばらしいよリリー!なんて聡明なんだ! 流石Myエンジェ…グフッ!」 またルーピンに殴られる。 こいつ馬鹿なのか?どうやらポッターは舌を噛んだようだ。 ブラックは爆笑し、ペティグリューはおろおろしている。 あと、ルーピンは笑顔で殴るから少し怖い…。 「コホン!じゃあお菓子作りの方はリリー に任せるよ!スネイプは当日、ハリエッ トを連れて来てくれ。 もしかしたら来な い可能性があるからね。 僕らは当日の悪 戯を考えるよ。 もちろん彼女専用の悪戯 をね!」 最後にヤツはリリーにウィンクをする。 まぁリリーは見ていなかったがな…。 [chapter:「さぁ!悪戯開始だ!」] こんな日も悪くない。 僕はそう思った。 [newpage] リリーside 図書室に向かうと、丁度ハリエットが出て来たところだった。 私は彼女に駆け寄る。 「リリー!どうかした?」 「ねぇ明日ハロウィンでしょ?もし良かった ら一緒にお菓子を作らない?」 すると彼女は驚いた様子で尋ねる。 「私でいいの…?」 「ハリエットがいいのよ!私、貴女と一緒に お料理したかったの!」 私がそう言うと彼女は今にも泣き出しそうでそれでいて少し照れくさそうな顔で笑った。 「クッキーならたくさん作れるからクッキー にしましょう!」 「うん!味は……チョコチップと紅茶に する?」 「そうね!甘いのが苦手な人には紅茶味を 配りましょう!」 会話が弾む。 良かった。 ハリエットも嬉しそうだ。 だが、それにしても手際がいい…。 彼女は純血貴族と聞いていたが料理をするのだろうか?そう思い私は尋ねた。 「お母様が料理を作るのが好きでね。 よく 一緒にするんだ!それに純血貴族と言っ ても両親は駆け落ち婚だったからシリウ スやジェームズ程はお金持ちではないの よ?屋敷僕妖精は一人いるけど、料理だ けはお母様が手作りにこだわっているの」 そう嬉しそうに答えた。 「フフっ。 素敵なお母様!ハリエットは お母様の事が大好きなのね?」 私がそう言うと、少し驚き、寂しそうに目を伏せた。 「うん…大好きだよ。 」 ハリエットのご両親は存命のはず…。 でも大切な人達に関係があるのかしら? あまり聞かないでおこう。 私達は彼女に楽しんで貰いたいのだ。 無理に思い出させる必要もない。 その為にはまず私が笑顔じゃなくちゃね! 私はクッキー作りを再開した。 [newpage] ハロウィン当日。 談話室に行くとスネイプがいた。 「おはよう。 セブルス。 」 「…おはよう。 行くぞ。 」 もしかして、彼は待っててくれたのかな? 私は昨日作ったお菓子を持って後を追う。 「そのお菓子…リリーと作ったんだろう? その……楽しかったか?」 珍しい…。 スネイプから話しかけてくるなんて、正直初めてかもしれない。 いつも私が話しかけて、彼がたまに答える程度だったから何だか私は嬉しくなった。 「うん!楽しかったよ!リリーはとっても 料理が上手だよね。 」 「そうだな。 じゃあ、トリック・オア・ トリートだ。 」 スネイプはニヤリと笑う。 「え!えーと、甘いのは苦手だよね? じゃあ紅茶味のクッキーだよ!」 びっくりした。 いきなり過ぎるよ。 私は皆にお菓子を配りながら歩いて行く。 「もう残り4個かぁ。 結構配ったね!」 「ハリエット~!」 リリーの呼ぶ声がする。 振り向くとリリーの他に悪戯仕掛け人もいる。 彼らはそれぞれに仮装をしていた。 リリーは赤ずきん、ジェームズが狼男、シリウスが吸血鬼で、リーマスがミイラ男、ピーターがフランケン・シュタインだ。 「凄い!皆似合っているよ!」 「ありがとう!ハリエット!じゃあ トリック・オア・トリートよ!」 私はリリー、シリウス、リーマス、ピーターとお菓子を交換する。 まずい…。 ジェームズの分がない。 ジェームズを見ると、彼はニヤリと笑った。 「トリック・オア・トリート!ってどうや らお菓子はないようだね。 じゃあ……… 悪戯だ!」 ジェームズが聞いた事のない呪文を唱えた。 すると私の服が変わる。 「まぁ!天使ね!似合っているわ! ハリエット!」 「凄いよジェームズ!ありがとう!私… こんなに楽しいハロウィンは初めて! でも…楽しんでいいのかな…。 」 あっ…最後の言葉はいらなかったな。 「ごっごめん!なんでもないの! 忘れて!」 「ハリエット。 先に謝っておくよ。 僕らは 君が今日、大切な人を亡くした話を聞い てしまったんだ。 ごめんね。 」 そう申し訳なさそうにリーマスが言った。 「だから俺たちは今日をお前にとって最高 の一日にしたいと思って計画したんだ」 「リ…リリーが昨日ハリエットを誘ってお 菓子作りをして、スネイプが君を連れ出 して、ぼっ僕らでその服の呪文を開発し たんだ!」 皆…私の為に?皆が微笑む。 「ハリエット。 君が辛い気持ちはよく分か る。 でも今日はせっかくのハロウィンな んだ!僕だったらハロウィンに暗くされ ているよりも君の楽しんでいる姿を見た いと思うよ!」 「そうよ。 私もハリエットには笑っていて 欲しいわ!」 そうジェームズとリリーが言った。 私は2人に抱きつく。 父さん、母さん。 ありがとう。 二人の子どもになれて本当に良かったよ。 もう血の繋がりはないけれど、今度は私に二人を守らせてください。 私はこの涙を止める術を知らなかった。 [newpage] [chapter:あとがき] ハリエット救済記6を読んでくださりありがとうございます😃 今回はハロウィンです! 季節外れにも程があるだろ!と思うでしょうが目をつぶってください 笑 主人公の寮をスリザリンにした為、ジェームズ達と絡ませるのが難しいです😅。

次の

ぼっち転生記 / 伊藤いーと おすすめ漫画

ぼっ ち 転生 記 な ろう

"社会に爪弾きにされ、世の中に絶望していた一人の青年は、孤独死によりその生涯を終えた。 しかし、彼は見捨てられなかった。 神の加護により、魔法と奴隷制度のある異世界へ転生。 田舎の貴族として アッシュという名前で新たな人生を歩むことになった。 順風満帆な生活が送れるかと思いきや、アッシュにはある問題が。 魔法を中心に動く世界で彼には全く魔力がなく、 【精霊の力】を使える異端児だった!!? 使い方次第で絶対的な力を発揮する 【精霊の力】を得たアッシュ。 彼は 【精霊使い】として魔力が絶対的な優位性を持ち、奴隷をゴミのように扱う世界を正すべく、奴隷たちと共に成り上がっていく!! 「神眼の勇者」「異世界チート開拓記」のファースト氏による「小説家になろう」発、妖精無双ファンタジーを大胆コミカライズ!! そして可愛い奴隷たちとえちえちに酔いしれろ!! 原作小説「ぼっち転生記」(双葉社刊)[] 第1巻~第7巻まで大好評発売中!!

次の

転生して3分でボスバトル!〜ボスを倒したら邪神になったので異世界の学校に通う〜

ぼっ ち 転生 記 な ろう

~垣根帝督side~ やっぱ場違いだろ... 弓道場に入るや否やこの感想が思い浮かんだ。 転生に憧れている非リアは日本に山ほどいることだろう。 しかし世の中は残酷だ... 転生したからと言って必ずしも報われる訳じゃない。 まさに俺やこのすばのカズマなどがこれに当てはまるだろう。 紗夜「何をぼっーとしているのですか」 いや氷川さん、君見てわかんないの?この場違い感。 ほーら周りはもう異物を見る目で俺のことを見ているよ。 帝督「氷川さんやっぱり部活やめ___」 紗夜「駄目です!」 えっ?君もうちょっと賢い子だと思ったよ?むしろ俺が辞めない理由が無いくらいよ。 士郎「まぁまぁ帝督も落ち着けよ」 帝督「衛宮お前何他人ごと様に見てんだよ」ハァ 俺は思わずため息をついてしまう。 士郎「良いから部活見学していけよ。 なっ」ニコ うわぁ... よくそんなカッコいい笑顔が出来るよな俺には絶対に真似出来ないんだけど。 ~部活見学終了~ 部長「お疲れ様でした!!」 部員達『お疲れ様でした!!』 俺は部活見学が終わり氷川さん、衛宮と一緒に帰ることになった。 紗夜「どうでしたか?部活動見学は?」 帝督「いやぁ俺にはしっくり来ないなぁ」 士郎「絶対に向いてるって、試しにお前が的に矢を射った時2本とも真ん中に命中させてたろ」 そう俺は初見で的の真ん中に命中させてしまったのだ。 こうなった断るにも断れ切れないが...。 紗夜「垣根君そう焦らなくても良いんですよ... 部活動に関しては自由に決めて下さい」 何でこんなに優しいの?ヤバイ何だろう... 惚れそう。 帝督「ありがとう氷川さん」 紗夜「ええ、どういたしまして」 そうして俺らはしばらくの間雑談をしながら帰った。 紗夜「では私はこちらが帰り道なので... 」 帝督「さようなら氷川さん」 士郎「じゃあな氷川さん」 紗夜「ええ、さようなら」 帰っている途中衛宮がこんなことを口にした。 士郎「なぁ帝督」 帝督「何だ?」 士郎「俺ら以外に転生者って居るのかな」 これは俺も前から気になっていたことだ。 帝督「俺達が居るんだ別に居ても可笑しくないだろ」 士郎「そうだよな」 衛宮はそう言うと遠くの夜と夕方の間くらいの空をを黄昏ながら見ていた。 帝督「どうしたんだ?」 士郎「あっいや、何でもない」 俺は聞いてはいけない質問だなと思い。 深くは聞かないようにした。 下校中終始無言だった。 士郎「おっ、家に着いたわじゃあな帝督」 どうやら衛宮の家に着いていたらしい。 帝督「じゃあな衛宮」 今日の出来事を振り返ってみるか...。 __________________________ ~???side~ ???「アヒャヒャヒャヒャこ、この力が有れば俺は...

次の