百人一首 坊主 めくり。 [百人一首]10 これやこの。出たっ蝉丸

百人一首の坊主めくり。子供時代転校が多かったんですが、ト...

百人一首 坊主 めくり

お正月遊びの定番、百人一首かるた。 坊守は、高校時代から競技かるたをはじめ、かるた関連のお仕事にも関わらせていただくなど、百人一首に精通していますが、私はと言えば、高校の授業で勉強した程度。 お正月も「坊主めくり」ぐらいしかしていませんでしたが、最近は、映画化されたマンガ「ちはやふる」のヒットもあって小学生も関心が高いようで、私の姪っ子も百人一首を勉強しているそうです。 さて、「坊主めくり」をしていると、僧侶が大勢登場することに気づきます。 「坊主めくり」のジョーカー役として、天皇や公卿以上に存在感のある「坊主」ですが、その和歌についてはほとんど意識したことはなかったので、これを機に調べてみました。 ご存じの通り、現在、最も普及している「小倉百人一首」は、鎌倉時代に藤原定家が京都・小倉山荘で、「古今和歌集」や「新古今和歌集」などの勅撰和歌集から選んだとされるもの。 飛鳥時代の天智天皇から鎌倉時代の順徳院まで、100人の歌人の和歌が選ばれています。 その内訳は、天皇8、親王・内親王2、女房17、公卿・公卿の母30、貴族28、僧侶12、不明3。 天皇や公卿・貴族の和歌が多いのは頷けますが、僧侶も少なからず含まれています。 大きな権勢を誇った延暦寺の存在や、庶民に広がった末法思想など、当時の仏教の影響力を反映しているのでしょう。 僧侶と言われているのは、次の12人。 喜撰法師 わが庵は 都のたつみ しかぞすむ 世をうぢ山と 人はいふなり 僧正遍照 天つ風 雲のかよひ路 吹きとぢよ をとめの姿 しばしとどめむ 素性法師 今こむと 言ひしばかりに 長月の 有明の月を 待ちいでつるかな 恵慶法師 八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり 大僧正行尊 もろともに あはれと思へ 山桜 花よりほかに 知る人もなし 能因法師 あらし吹く み室の山の もみぢ葉は 竜田の川の 錦なりけり 良ぜん法師 さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづこも同じ 秋の夕暮れ 道因法師 思ひわび さてもいのちは あるものを 憂きにたへぬは 涙なりけり 俊恵法師 夜もすがら 物思ふころは 明けやらで 閨のひまさへ つれなかりけり 西行法師 嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな 寂蓮法師 村雨の 露もまだひぬ まきの葉に 霧立ちのぼる 秋の夕暮れ 前大僧正慈円 おほけなく うき世の民に おほふかな わが立つ杣に すみぞめの袖 一人ひとりの経歴を調べていると、皇族や公家から出家した者も多く、隠遁者として過ごしていたためか、仏教の教義というよりも、人里離れて過ごす孤独や寂しさを詠んだ歌が目につきます。 ところで、「坊主めくり」の歴史は意外と短く、今の遊び方が固まったのは、明治以降という説もあります。 「坊主」をめくると手持ちの札を全て没収され、「姫」をめくると場の捨て札を全て手に入れるというルールですが、このようなルールになったのはなぜでしょうか。 「僧侶は欲がない」という意味なのか、「坊主には金がかかる」という皮肉なのか。 「坊主めくり」を通じて、天皇や姫の札に象徴される社会的地位や財産に対する自己の執着心に気づいてほしい、そんな想いが含まれているのか。 発案者も由来も定かでない「坊主めくり」の真相は闇の中です。 小倉百人一首ができて千年余経ちますが、今もなお、私達の心を揺さぶります。 例えば、最近出会ったこの和歌。 まだまだ寒いこの季節に詠まれたこの歌は、慈愛に満ちていて、心まで温かくしてくれます。 このお話は、また。 アーカイブ• 6 検索 検索開始.

次の

百人一首の坊主めくりってどんな遊び?ルールと基本の遊び方知ってる?

百人一首 坊主 めくり

人物 [ ] 『』にそのが収録されていることで知られているが、のの、の皇子 など諸伝があり、その人物像は不詳。 でありの名手という伝承 から、の第四宮と同一人物という説もある。 『』巻十「海道下り」では、の第四宮としての四宮河原に住んだとあり、平家を語る・の職祖とされている。 後にのとなった琵琶の名器・を愛用していたと伝えられる。 生没年は不詳であるが、およびの()が「蝉丸忌」とされている。 このため、逢坂の関では関の明神として祭られる。 和歌は上記のものが『』に収録されている他、『』『』の3首を含めに計4首が採録されている。 逸話 [ ] 管絃の名人であったが逢坂の関に住む蝉丸が琵琶の名人であることを聞き、蝉丸の演奏を何としても聴きたいと思い、逢坂に3年間通いつづけ、遂に夜にの秘曲『流泉』『啄木』を伝授されたという(『』巻第24 第23話)。 他にも蝉丸に関する様々な伝承は『今昔物語集』や『平家物語』などにも登場している。 その他 [ ]• に『』(4番目物の狂女物)という曲がある。 逆髪という姉が逢坂の関まで尋ねてきて、2人の障害をもった身をなぐさめあい、悲しい別れの結末になる。 この出典は明らかでない。 作のにも『蝉丸』がある。 蝉丸は女人の怨念で盲目となるが、最後に開眼する。 百人一首カルタの絵札では、禿げ上がった後頭部が露呈した後ろ向きの姿や、帽子(もうす)を被った姿といった、いわゆる「坊主」の絵札の中では唯一、特徴的な姿で描かれることが多いため、などの遊びでは、でいうに相当する札とされる場合がある。 また「これやこの~」は、百人一首の百首の中で唯一、濁点・半濁点が全く使われていない歌である。 に名前のついたトンネルがある。 蝉丸に関する史跡 [ ]• - にある蝉丸を祀った神社• - には蝉丸の墓と伝えられる石塔がある• 蝉丸神社- にある蝉丸を祀った神社• 蝉丸神社- 滋賀県大津市大谷町にある蝉丸(蝉丸大神)を祀った神社 脚注 [ ] []• 『当道拾要録』• 104-108. 『関蝉丸神社文書』1986• 武蔵屋叢書閣、1896年• 米子市のホームページ 参考文献 [ ]• 兵藤裕巳『琵琶法師:を語る人びと』岩波書店〈岩波新書〉、2009年。 関連項目 [ ] ウィキクォートに に関する引用句集があります。 - の少年面。 盲目だが気品ある顔立ち.

次の

懐かしい 家宝?発見!坊主めくりで盛り上がる(百人一首)

百人一首 坊主 めくり

百人一首の楽しみ方 坊主めくり 百人一首の中でも、「坊主めくり」は、一般の家庭でもっともよく楽しまれている遊び方です。 この「坊主めくり」は絵札 読み札 だけで楽しめるので、百人一首の和歌をよく知らない人でもすぐに参加することが出来ますし、子どもたちを交えても簡単に遊ぶ事が出来ます。 それに、「坊主めくり」は二人以上ならすぐに始めることができますし、ルールもとても簡単です。 まず、絵札だけを選び出して、これを裏返しにして中央に積み重ねますが、あとは上から順番にめくっていくだけです。 そして ・めくった札が男性の絵札の時には、そのまま自分の手元にためていきます。 ・女性が描かれている絵札 全部で21枚あって、お姫様などと言います が出たときには、もう一枚めくることが来ます。 ・坊主 僧侶の絵札のことを指していて、全部で13枚あります が描かれた絵札をめくったときには、これまで自分が持っていた札をすべて捨てなればなりません。 このようにして、中央に積んであった札がなくなったときに、手元の札が一番多い人が勝ちとなります。 また、女性 お姫様 の絵札が出たときには、坊主をめくって捨てられた札を全部もらうことができるようにしても構いません。 このほかにも、絵札だけを人数分だけ配って、各自は、配られた札を裏向きにして手元に積んでおきます。 次に、ひとりづつ、右回り 左回りでも構いません に、隣にある裏返しの札をめくって、これは、自分の手元にある裏返しに積んである札の隣に、表向きにして積んでいきます。 このとき、坊主の絵札が出たら、表札全部と坊主札を一緒にして、中央に捨てなければなりません。 しかし、女性の絵札 お姫様 が出たら、中央に捨てられた札を、全部もらうことができます。 これを繰り返して、裏返しに積んである絵札がなくなればゲーム終了で、手元にある表札の多い人が勝ちとなります。 絵札だけで楽しむことができる「坊主めくり」なら、自分達だけのルールをつくって遊んだりすることもできるので、いろいろなルールをつくってみるのも面白いと思います。 「坊主めくり」はとても簡単な遊び方なのですが、これが案外面白くて、自然と百人一首にも親しむようになると思います。 絵札だけで遊ぶ「坊主めくり」ですが、意外と作者や和歌を覚えていったりするので、ぜひ楽しんでみてください。

次の