ウエディング 費用。 結婚式費用・料金・相場が分かる!公式見積り【ウエディングパーク】

私にも手は届く?海外挙式の費用 [結婚のお金] All About

ウエディング 費用

また、衣装の数やランク、撮影にオプションを追加することで費用は上がるので注意が必要です。 屋内スタジオの場合は10〜15万円 屋内スタジオを使ってのフォトウエディングは、多くの場合 10〜15万円程度で費用は収まります。 スタジオ撮影のプランでは、撮影費に加え、ドレスや着付け・ヘアメイク料など、撮影に必要なオプションは付いています。 フォトウエディングの中でも費用を抑えたい人は、屋外でなく、屋内のスタジオ撮影をチョイスしましょう。 屋外のロケーション撮影の場合は15〜20万円 一方、屋外でのロケーション撮影は 15〜20万円程度と、少し高めになります。 理由としては、現地までの出張費用や、機材の準備などが必要になるから。 ただし、スタジオ撮影と比べて、緑や海をバックに綺麗な写真が残せるのはメリットと言えるでしょう。 自然や町並みの中で、思い出の一枚を撮影したい人はロケーション撮影を選びましょう。 フォトウエディングの追加費用が発生するアイテム【要注意】 フォトウエディングで用意されている屋内スタジオ撮影・屋外ロケーション撮影のプランには、フォトウエディングに必要なアイテムがそろっています。 しかし、プランに含まれているのは最低限のアイテムのため、追加料金が発生する場合も。 特に気をつけたい追加料金が発生する項目が下記のものになります。 データやアルバム• 衣装のランクアップ• 土日料金• 移動費 それぞれ簡単に解説しますね。 データやアルバムの追加費用 フォトウエディングのプランにはあらかじめ「データ50カット」や「アルバム10P」など、撮影した写真をどう残すかが含まれています。 しかし、人によっては少ないと感じたり、データだけでは満足できないためアルバムが欲しいとなる場合も。 データ カット数 やアルバムを追加する場合は、追加費用がかかってしまうため、注意が必要です。 フォトウエディングを契約する際は、カット数やアルバムの有無・ページ数は必ず確認しておきましょう。 衣装のランクアップで費用が追加 衣装も追加料金が発生しやすい項目になります。 また、衣装を和装・洋装の両方を選んだ場合も、着付け料やヘアメイク料が追加で発生することも。 プランに含まれているドレスの着数と種類は押さえておきましょう。 土日撮影で費用がかかる! 撮影を土日にすると2〜3万円の追加料金が発生することもあるので要注意。 特にロケーション撮影の場合、秋や春の撮影は大変人気になるため、さらに追加の費用が必要になることも。 平日撮影と土日撮影の差額は予約前に確認しておきたいところですね。 移動費がプランにない場合も 特に屋外のロケーション撮影の場合、現地までの移動費がプランに含まれていない場合、移動費は丸々追加になります。 特に沖縄などの国内リゾートでの撮影の場合、移動費だけでも5〜6万円かかったりと、高額になるので注意したいですね。 フォトウエディングの費用を節約するポイント ここまでフォトウエディングで追加費用が発生する例をご紹介してきましたが、節約するポイントもお伝えします。 大きく、下記の4つになります。 平日の利用• スタジオ撮影にする• ドレスは一着• アルバムはつけない それぞれ解説しますね。 平日の撮影を選ぶ 先述の通り、撮影を土日にすると2〜3万円の追加料金が発生してしまいます。 そのため節約を重視するなら、平日の撮影を選ぶといいでしょう。 特にロケーション撮影の場合、平日の方が人も少なく、落ち着いて撮影できるといったメリットがありますよ。 スタジオ撮影にする フォトウエディングの費用を抑えるのであれば、撮影は屋外ロケーションでなく、屋内スタジオで。 屋内スタジオ撮影にすることで、かかる費用が5〜10万円ほど安くなります。 また、撮影用の小物も自作して持っていくと、より華やかな写真に仕上がりますよ。 ドレスは一着で ドレスは2着着ることで、レンタル料や着付け料が発生します。 そのため、費用を抑えるのであれば、ドレスは1着にしましょう。 洋装・和装のいづれかで選ぶことになるので、パートナーと話し合って決めるといいですね。 アルバムはつけない オプションでアルバムをつけるとページ数にもよりますが、3万円〜の追加料金が発生することも。 そのため、受け取るのはデータのみにして、アルバムは自作するといったことも節約につながるポイントです。 アルバムを自作して、両親や家族にプレゼントするのもありですね。 フォトウエディングの費用相場まとめ フォトウエディングの費用相場のまとめです。 フォトウエディングの相場は屋内・屋外によって異なる• 結婚式が300〜400万円近くかかることを考えると、かなりリーズナブルに実施することができますね。 しかし、プランによってはアイテムが最低限のものしかなかったり、結局追加料金が発生して、予算を超えてしまうこともあるので注意が必要です。 ちなみに、フォトウエディングを実施するなら、ウエディングサイトのハナユメが用意しているの利用がおすすめ。 を使うと、関東・東海・京都・沖縄でのフォトウエディングを格安で叶えることができますよ。

次の

フォトウエディングの費用相場はいくら?節約方法も解説

ウエディング 費用

もくじ• 海外フォトウエディングの基礎知識 まずは海外フォトウエディングに関する基本的な知識を学んでいきましょう。 海外の美しい自然や街並みを背景に撮影できる 海外フォトウエディングとは、カップルが結婚式の時のようにタキシードやウエディングドレスを着用し、海外で写真を撮影すること。 ロケーションは教会をはじめ、豊かな自然や海外の街並みなど多種多様。 日本とはまったく異なるロケーションで 非日常感を味わいながら特別な写真を撮影できるため、近年注目度が急上昇しています。 結婚式とは違う日に別撮りするカップルもいれば、 日本で結婚式を行わない代わりに海外フォトウエディングを選ぶという新郎新婦もいたりと、活用方法はさまざまです。 海外挙式との違いは「費用」と「手間」 海外挙式との最大の違いは費用と手間の差です。 挙式となると 会場の下準備も念入りに行わなければなりませんし、 招待客のお迎えや交通費やホテル手配など、費用も手間もかなりかかってしまいます。 一方、海外フォトウエディングは新郎新婦だけ現地に行って撮影すればいいので、手間暇がかかりません。 費用も挙式に比べると圧倒的に安いので、 海外挙式より手軽にチャレンジできますよ。 「海外挙式はコストや日程などの関係で難しいけれど、せめて結婚式の雰囲気だけでものこしたい…」そんなカップルたちの願いを叶えるのが海外フォトウエディングです。 海外ロケーション撮影の費用相場は「10万〜30万円前後」 海外フォトウエディングは スタジオ撮影と ロケーション撮影の2種類。 国内のフォトウエディングと同様ですね。 特に人気の高いロケーション撮影の場合、スタジオ撮影に比べると費用が割高になります。 具体的な費用は撮影場所やプランなどによって異なりますが、 スタジオ撮影の場合は約~10万円、 ロケーション撮影の場合は 10~30万円前後が相場となっているようです。 国内のフォトウエディングに比べると若干高めですが、 海外挙式するよりはリーズナブルだと言えるでしょう。 真っ青な海と白いビーチを背景に、タキシードとウエディングドレスを身にまとった新郎新婦が思い思いのポーズをとって撮影するというのは、 海外フォトウエディングの定番中の定番と言えるでしょう。 そのままハネムーンも楽しめるのでまさに一石二鳥ですね。 2位:歴史情緒あふれる「ヨーロッパの街並み・教会」で撮影 ヨーロッパには歴史のある造形物が数多く存在するほか、 街並みや教会も情緒あふれていてロマンティックです。 特別な撮影小物や凝った衣装がなくても写真映えすること間違いなし!定番のビーチフォトとは違ったウエディングフォトが撮れるでしょう。 遺跡や世界遺産なども多いので、インパクトのある写真を撮影したいカップルにはおすすめですよ。 3位:トロピカルな雰囲気で撮影!「グアム」のフォトウエディング 日本でもおなじみの観光地グアムには、フォトウエディングにぴったりのロケーションがたくさん。 トロピカルな雰囲気の中で撮影した後は、 グアムでゆったり旅行を楽しむというハネムーンプランが人気です。 ハワイよりも旅費が安いので、ビーチや教会など複数個所で撮影するなど、こだわったフォトウエディングもできそう! 海外フォトウエディングの基本プランとオプション 衣装やデータもセットになった基本プラン 撮影時に着用するウエディングドレスやタキシードのほか、新婦のヘアメイク、撮影した時のデータ、送迎やフォトツアーなどがセットになったプランです。 基本的な内容はすべて盛り込まれているので、 基本プランだけでも海外フォトウエディングを行うことが可能です。 こだわりたい人にオススメ!アルバムやブーケのオプションサービス 必要に応じて個別に付加できるオプションサービスです。 サービス内容は業者によって異なりますが、代表的なものとしては 撮影データを使用したアルバム作成やDVDの撮影、ブーケの提供、ロケーションの指定、託児サービスなどが挙げられます。 より華やかなフォトウエディングにしたい人、もしくは子連れの人はオプションをつけた方が 満足度が高くなるでしょう。 格安で海外ウエディング撮影を行う3つのポイント 費用を安く抑えたい場合、 節約するポイントは3つ。 ロケーション撮影より、スタジオ撮影が安い• 和装ではなく、ドレスにする• 衣装は1着だけにする まず1つ目は、 ロケーション撮影ではなくスタジオ撮影にすること。 旅行を兼ねている人にとっては物足りないかもしれませんが、スタジオ撮影にすれば 平均で5~10万円ほどお金を節約することができます。 2つ目は、 和装ではなくドレスにすること。 和装は衣装代や着付け、ヘアメイク代が洋装に比べて高いので、コストを削減したいなら 洋装のみのプランがおすすめです。 そして3つ目は、 着用するドレスを1着のみにすること。 衣装が増えればそれだけ費用もかさみますので、基本プランにもともと含まれている1着のみで撮影すると手頃な値段でフォトウエディングを行えます。 海外フォトウエディングの準備から撮影後までの流れ 1. 業者(カメラマン)を探す 海外フォトウエディングのプランを提供している旅行会社に依頼するのがラクチンです。 大手旅行会社の場合、日本とは別に現地に支店を持っています。 国内では最終的な打ち合わせまでを行い、実際の撮影は 現地手配したカメラマンやヘアメイクに任せるというパターンが一般的。 業者はいくつもありますので、気になるプランを提案しているところを複数ピックアップし、それぞれ見積もりを取り寄せてみましょう。 価格も大事ですが、プランの中に含まれているサービスなどをよく比較し、 料金とプラン内容がきちんと見合っているかどうかを判断するのがポイントです。 打ち合わせを行う 海外フォトウエディングを頼む業者が決まったら、担当者と綿密な打ち合わせを行います。 撮影したいロケーションをはじめ、どんな衣装を着たいか、メイクのイメージはどうか、どのようなポーズで撮影したいかなど、こだわりがある部分はどんどん担当者に伝えましょう。 打ち合わせがあいまいだと現地の支店にうまく要望が伝わらず、 こちらの意図とは違う撮影が行われてしまう可能性もあるので注意が必要です。 衣装合わせを行う 海外フォトウエディングの肝となる衣装は徹底的にこだわりたいポイントのひとつ。 撮影時の衣装の数はあらかじめ決まっていますが、プランによっては オプションをつけることで追加することもできます。 ただ、海外の業者の場合、 日本人の体型や好みに合うドレスが無い可能性もあるので要注意! 用意された衣装にしっくりこないと思った方は自分でドレスを買う、もしくはレンタルして持ち込むこともできます。 現地撮影 国内での打ち合わせが終わったら、いよいよ出国!さっそく撮影に入ります。 着替えやヘアメイクなどはすべて現地で行われるので、時間に遅れないよう出発しましょう。 心配な方は、空港やホテルから撮影スタジオやヘアメイク場所までの送迎も旅行会社に依頼しておくのがオススメ。 また、スタジオ撮影の場合は天候に左右されることはありませんが、 ロケーション撮影の場合、悪天候時は中止になってしまうこともあります。 突発的なトラブルに備え、中止になった場合のことをあらかじめ決めておくのも大事です。 撮影は打ち合わせで決めたロケーションを車で巡り、決められた数だけショット撮影を行います。 データの選択 撮影した写真を二人で確認し、買い取りたいものを選択します。 データだけもらえるものもありますが、 オプションをつければアルバムにしたり、キーホルダーなどに加工してくれる場合もあります。 受け取れるデータの数には限りがありますので、撮影したすべてのデータが欲しいという人は 全データを買い取ることができる業者やプランを選びましょう。 データの受け取り 業者によっては現地で撮影データを受け取ることができます。 プリントアウトする場合は 後日発送となり、だいたい 2週間~1ヶ月くらいで自宅に届く場合が多いようです。 データでもらえば自分でプリントアウトして結婚報告や年賀状に使えるので、活用する予定がある人はデータで受け取りましょう。 もちろんデータと写真の 両方を買い取ることもできます。 まとめ• 海外フォトウエディングはの費用相場は 10~30万円ほど• 人気のロケーションは ハワイ、ヨーロッパ、グアムなど• アルバムや撮影場所指定などのオプションプランもある• 業者選びは複数の見積もりをとって比較検討するのがおすすめ• 国内で細かく打ち合わせをし、きちんと要望を伝えよう 海外フォトウエディングは手頃な値段で海外挙式の気分を味わえるところが大きな魅力。 出発前の国内で綿密に打ち合わせをしておけば、現地でもスムーズに撮影が進みますので、 納得がいくまで準備を重ねましょう。 笑顔で帰国できるような 思い出深い海外フォトウエディングになるはずですよ。

次の

台湾の結婚式の費用と式場!引き出物や招待状は?紅包ってどういうもの?|海外ウエディング♡

ウエディング 費用

それでは、実際に海外挙式をした場合にかかる費用の内訳をご紹介していきます。 各ツアーやプランごとにアイテムの費用には違いがあるので、下記相場を参考にしながらそれぞれ何にいくらかかるか参考にしてくださいね。 旅行会社のパックやプロデュース会社が取り扱う挙式プランにこの挙式料が含まれていることが多くありますが、その中に何が含まれているかによって後々オプション等でかかる費用が明確になるので、事前に内容を確認しておくと安心です。 衣装選びについては国内で衣装を決めて現地に持ち込んだり、国内で決めたものを現地でレンタルするケースが多いよう。 各旅行会社やプロデュース会社が提携している衣装店がどこなのか、どんな手配方法があるかについては事前に確認しておくのがおすすめです。 新郎の場合は自前のものを持ち込んだり、国内で決めて現地でレンタルする場合も多いですが、現地に着いてから衣装を決めてレンタルするケースも多いので、どんな衣装を取り扱っているのか事前に確認しておくと安心。 ヘアメイクでは、どんな仕上がりにしたいのかお気に入りの画像を持ち込んだり、コミュニケーションが取りやすいという理由から日本人のヘアメイクさんを指名する花嫁も。 ヘアメイクのリハーサルを行いたい場合には、別途料金がかかることが多いので要チェック。 費用の幅については、花材のグレードアップやボリュームアップによって差がでることが多いよう。 また、ブーケにこだわりのある花嫁は、プリザーブドフラワーなど枯れないお花でブーケを作って持ち込むケースも。 一人あたりの費用相場と、どんなところで金額に差が出てくるのか確認していきましょう。 2~2万円 パーティにかかる費用で大きく差が出てくるポイントとしては ・参加するゲストの人数 ・ランチかディナーかパーティ実施の時間帯 ・コースやビュッフェなど食事のスタイル ・フリードリンクなど飲み物の内容 ・ケーキカットやデザートビュッフェなどの追加品目の有無 などがあります。 どんなパーティにしたいか、ゲスト参加の場合はその人数や顔ぶれによって費用相場が変わってきます。 そこで、ここからはオプションを付けた場合、何にいくら費用がかかってくるのか各アイテムごとに見ていきましょう。 どんな写真を残したいかによって、撮影内容とそれにかかる費用が大きく変わります。 どこからどこのシーンまでを撮影するかによって、かかる費用に違いが発生します。 海外での結婚式の場合、挙式に参列してもらえなかった人に見てもらったり、国内でのパーティ演出に使うカップルも多いよう。 挙式プランの中に含まれているケースも多くありますが、別途オプションでお願いする場合には送迎距離か送迎してもらう箇所によって費用が変わる傾向に。 挙式プランに含まれていることもありますが、使用するお花が生花の場合と造花の場合があります。 造花を生花に変更してもらいたい場合に別途料金がかかったり、オプションで付けてもらう場合、花の種類やボリュームによって費用も様ざま。 国内で行う場合と現地で行う場合とがあり、現地で行う場合には、ヘアメイクリハーサルと一緒にふたりのドレス姿を記念に残すフォトツアーや前撮り撮影をするカップルも多いみたい。 旅行会社やプロデュース会社のパッケージプランを利用すれば、空き状況の確認や手配など全部お任せできるのでおすすめです。 現地観光やグルメ、ショッピングなどやりたいことがいっぱいありますよね。 そこで、心ゆくまでハネムーンを楽しむためにも、現地で使うお金を項目に分けてしっかり予算立てをしておきましょう。 事前に予約が必要なものが多く、個人で手配する場合と、ツアーやパッケージプランのオプションで申し込みできる場合があるので、海外挙式や旅行手配をお願いしている会社にまずはオプション内容を確認してから決定するのがおすすめです。 また、海外挙式の場合、ご祝儀を頂いている親族や挙式に参列できなかったゲストへのお土産も忘れずに。 渡航先の物価によって予算の幅も変わってくるので、レートを確認しながら予算を立てておくと安心です。 また、渡航先によってはレストランやタクシー、ホテルのルームサービスなどに対してチップが必要な国もあるので、その国の文化やチップの相場は事前に調べておきましょう。 <現地でかかる費用の合計> ふたりで8~45万円が相場 参列してもらう大事な【家族やゲスト分の費用】もチェック! 全額負担&一部負担の場合の相場は? 海外挙式に参列してもらうゲストの旅費をふたりが負担するか、一部だけ負担するかによっても大きく変わる項目です。 ふたりとゲストの関係性によって旅費を負担する・しないは様ざまですが、大切なのは前もってゲストに旅費負担をするか・しないかをはっきり伝えておくことです。 また、旅費負担しない場合には、ゲストからご祝儀を頂かないという花嫁も多いみたい。

次の