引っ越し 金額 相場。 【単身・一人暮らし】引越し料金相場&費用ガイド|引越しの料金相場・費用のことならズバット 引越し

【SUUMO引越し】引っ越し平均費用・料金相場を探す

引っ越し 金額 相場

繁忙期は新生活などに向けた引越しが多く発生し、引越し業者の予定が埋まりやすく引越し費用の高い時期です。 トラックや作業員が不足するため予約がとりにくく、引越し料金は高くなります。 comでの集計結果も通常期と比べ、引っ越し費用が10,000円〜100,000円ほど割高です。 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 36,338 円 平均 48,494 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 40,638 円 平均 50,288 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 52,125 円 平均 60,348 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 51,077 円 平均 75,382 円 500km〜 (長距離) 平均 59,423 円 平均 81,741 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 82,412 円 平均 97,137 円 平均 116,429 円 平均 135,491 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 84,470 円 平均 103,406 円 平均 115,868 円 平均 143,105 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 108,043 円 平均 139,689 円 平均 155,150 円 平均 120,111 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 121,930 円 平均 181,169 円 平均 193,652 円 平均 290,000 円 500km〜 (長距離) 平均 167,607 円 平均 189,641 円 平均 209,874 円 平均 264,268 円 単身 単身 荷物小 単身 荷物大 〜15km未満 (市区町村内) 平均 29,872 円 平均 38,746 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 35,146 円 平均 41,701 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 46,247 円 平均 52,602 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 53,549 円 平均 65,857 円 500km〜 (長距離) 平均 57,022 円 平均 69,572 円 家族 家族 2人 家族 3人 家族 4人 家族 5人以上 〜15km未満 (市区町村内) 平均 64,767 円 平均 78,459 円 平均 97,236 円 平均 115,485 円 〜50km未満 (都道府県内) 平均 68,529 円 平均 78,692 円 平均 97,328 円 平均 106,092 円 〜200km未満 (同一地方内) 平均 74,376 円 平均 96,937 円 平均 129,207 円 平均 143,973 円 〜500km未満 (近隣地方) 平均 106,956 円 平均 124,458 円 平均 114,502 円 平均 154,850 円 500km〜 (長距離) 平均 114,483 円 平均 132,847 円 平均 150,067 円 平均 149,549 円 基本運賃 国土交通省が定めている金額に準拠した金額で設定されます。 荷物量x距離で増減額が定義されているため引越し業者ごとにこの項目が大幅に変わることはありません。 割増料金 「繁忙期」「土・日・祝日」「対応時間」などで割増が引っ越し料金に加算されます。 実費 「引っ越し作業員の人件費」「トラック代」「交通費」「梱包費用」「搬出・搬入」「対応時間」などが引越し費用の計算に影響します。 オプション 「エアコンの移設」「ピアノ運搬」「不要品の処分」「車・バイクの輸送」などで発生します。 引越し業者ごとに料金設定が大きく違い、引っ越し料金を安く抑えるうえでは重要な項目となるので、必ず 項目別でいくらになっているのか確認するようにしましょう。 引越し業者を利用せず、自力で引越しした場合にかかる主な費用は「車両のレンタル料」と「協力者へのお礼」で、だいたいの目安ではありますが30km圏内の引越しを自力で行う場合、 単身者は約25,000円、家族は約60,000円の費用が必要です。 同じ条件で引越し業者を利用する場合の料金は、単身者 一人暮らし の引越しで30,000〜40,000円、家族の引越しで60,000〜100,000円程度が総額の費用相場ですが、引越し業者の繁忙期にはさらに高くなります。 自力で引っ越しの費用がどれくらい安くなるかは「協力者へのお礼」の金額による影響が大きいです。 自力で引越しをする場合、荷物の量をきちんと把握して 手配する車両の大きさと協力者の人数を過不足なく見積もることで引っ越し費用の総額を抑えることができます。 自力での引越しをする人へアドバイスを行っているレンタカー会社もあるので、引越しに慣れていない人は車両の大きさや運搬方法など積極的に質問してみましょう。 節約したい人は、ドラッグストアやスーパーで廃棄予定のダンボールを分けてもらいましょう。 ただし、 本や食器などの重い荷物については底が抜けてしまう危険もあるので、耐久性に優れた新品のダンボールを用意したほうが無難です。 また、建物や建具を保護するために覆う養生材を用意するとよいでしょう。 マンションなど集合住宅に引っ越しする場合、荷物の搬出・搬入の際にキズがつかないよう管理人や管理会社から養生すべき部分を指示されることもあります。 たとえ養生の指示がなくても、共用部分を汚したり壊したりしてしまった場合は修繕費を請求される可能性も。 引っ越しの際、 荷物が当たりそうな部分にはあらかじめ養生を施しておき、余分な出費を防ぎましょう。 専用の養生シートなどをレンタルするか、ダンボールや古毛布、養生テープで代用することも可能です。 ダンボールを養生テープで壁や床に貼り付けたり、古毛布で大型家具などを包んだりしておけば家や家財にキズがつきにくくなります。 とはいえ、養生シートほどの効果を得るのは難しいため慎重に運びましょう。

次の

引っ越し祝いを兄弟、姉妹に贈るときの金額予算とは?現金や商品券を贈るの大丈夫?

引っ越し 金額 相場

SPONSORED LINK 引っ越しをする人が周りにいると、引っ越し祝いとしていくら包んだらいいか皆さん悩むと思います。 人生の中でも数少ないイベントなので、常識やマナーなどが分からない状態であげたら、ひょっとしたら相手に失礼に思われるかもしれません。 そんな引っ越し祝いですが、引っ越した人が新築への引っ越しか、新居への引っ越しかで包むべき金額が変わってきますし、関係性でも包むべき金額が変わります。 さらには現金では渡しにくい方はプレゼントという形で渡している方もいます。 そのような機会が少なくて悩んでしまいやすい引っ越し祝いの金額ですが、関係性別に金額の相場とお勧めプレゼントをご紹介したいと思います。 Contents• 引っ越し祝いの前に考えるべき事 引っ越し祝いをあげる際にまず考えないといけないのが、どのような形で渡すかです。 最初にも少し触れましたが、現金で引っ越し祝いを包む人もいますが、現金では渡しにくいので、プレゼントという形で引っ越し祝いを渡す人がいます。 ただし、できればみんな引っ越しにはかなりの費用が掛かっているので、現金でのプレゼントが喜ばれることが多いのでご参考いただけたらと思います。 そんな現金ですが、包む際は相手方との関係性により金額が大きく変わってくるため、注意してください。 しかし、最も注意していただきたいのが、 過去に自分が引っ越し祝いをもらったことがあるかどうかです。 というのも、常識やマナーとして、過去にもらった相手の金額を下回るのはあまりよくありません。 自分が過去引っ越し祝いをもらっている場合は、その人に同等金額かそれ以上の金額をなるべく包むようにしましょう。 新築への引っ越しか、新居への引っ越しか まず引っ越し祝いの金額は新居への引っ越しか、新築への引っ越しかで金額が大きく変わってきます。 特に金額が変わってくるのが新築への引っ越しの場合で、親か兄弟姉妹か、親戚か会社の同僚か、などで金額が雲泥の差だったりします。 そこでまずは、新築への引っ越しをされる方への祝い金を包む相場、お勧めプレゼントについてご紹介したいと思います。 親族の場合 親族や親戚の場合の新築への引っ越し祝いの相場は「 30,000円~50. 000円」とされています。 他の間柄、関係性の中で親に次いで高い方だとされています というのも、ここでも普段の生活の中での関係性にもよるのですが、親族や親戚には大人になるとあまり関りがなかったとしても、小さなころにお世話になっていたりすることも多いです。 さらには親の周りの人なので、親の立場をも考えるとやはり程度の金額をやはり包んでいた方がいいため、金額がやや高めとなっています。 もちろん先ほどもご紹介したように、以前に自分の引っ越しでこの相場以上の金額をいただいている場合はその金額かそれ以上をした方が常識的、マナー的です。 もし現金以外でプレゼントを考えている場合のお勧めのプレゼントは、 ギフトカードや カタログギフトです。 ギフトカードやカタログギフトの場合は自分で買うものを選ぶことができるため、もらっても気兼ねなく使うことができますのでお勧めです。 親の場合 親が新築への引っ越しをする場合の祝い金の相場は「 50,000円~100,000円」とされています。 関係性、間柄の中では相場の金額として一番高いものとなっています。 もちろん親には産んでもらった、育ててもらった恩もあると思いますので、感謝の気持ち分を包んであげたらと思います。 ちなみに、逆に 親が子供に送る場合の相場は「 10万円」とされています。 この場合は新生活への応援もかねて包む方が多く、金額が高いものとされています。 親や、子どもへプレゼントで引っ越し祝いを送る場合のお勧めプレゼントは、 ギフトカードか家電製品、日用品などが喜ばれます。 このようなギフトカードや家電製品、日用品だと親子との立場なので気兼ねなく使えるとともに、選んでもらったことのうれしさもあり大切に使ってくれることが多いです。 兄弟姉妹の場合 兄弟姉妹への引っ越し祝いの相場とされているのは「 10,000円~100,000円」とされています。 この兄弟姉妹への金額はやはり仲の良さや関係性で金額を左右させてもいいとされています。 しかし、注意していただきたいのは、この兄弟姉妹が結婚しているかどうかです。 やはり結婚している場合には、相手の生活の事も考えてあげないといけないですし、親以上の金額を渡すのは親の立場をも崩しかねないので注意していただけたらと思います。 兄弟姉妹に渡す場合の理想は親以下、親戚以上が好ましいとされています。 現金以外での引っ越し祝いのプレゼントをあげる際のお勧めは、兄弟姉妹が 結婚している場合はギフトカタログが喜ばれ、 結婚していない場合はお米や果物などの食品、日用品などが喜ばれます。 相手が結婚していなければ家電製品なども喜ばれますが、結婚している場合は結婚相手の好みもありますのであまり好ましくはないです。 兄弟姉妹への引っ越し祝いを渡す、包む場合はできれば親と金額を相談するようにしましょう。 嫁の親の場合 嫁の親への引っ越し祝いの相場とされるのが「 30,000円~100,000円」とされています。 嫁の親へは直接的な血のつながりはありませんが、お嫁さんをいただいているということもあってやはり、ある程度の金額は包むべきとされています。 この引っ越し祝いへの相場の金額の差が広いですが、こちらはやはり助けてもらっていたり、よくしてもらっていたりする分の金額を包むべきとされています。 嫁の親へ現金以外のプレゼントを送る場合は、 家電製品やギフトカード、ギフトカタログが喜ばれます。 一番理想的なのが、 嫁に詮索を入れてもらって親のほしいものをプレゼントすると一番喜ばれると思います。 普段は自分ではなかなか買いずらいものなどをあげると喜ばれるでしょう。 友人男性の場合 友人男性への引っ越し祝いで送る金額の相場とされるのが「 2,000円~10,000円」とされています。 こちらも仲の良さや関係性によって包む金額を増やしたりしたほうがいいでしょう。 現金以外でプレゼントを送る場合のお勧めの物は、 お米などの食品や日用品、お酒などを送ると喜ばれます。 友人女性の場合 友人女性への引っ越し祝いを送る金額の相場とされるのが、友人男性と同様の「 2,000円~10,000円」とされています。 こちらも仲の良さや関係性によって包む金額を増やしたほうがいいです。 現金以外でのプレゼントを送る場合のお勧めの物は、 観葉植物やインテリア、ギフトカードや日用品などを送ると喜ばれます。 友人女性の場合は、男性の時と比べて特にギフトカードや日用品などをプレゼントすると使いやすいので喜ばれやすいです。 上司の場合 上司の引っ越し祝いを送る場合の相場とされているのが「 5,000円~10,000円」とされています。 お世話になっている上司ならば、1万円を包んだ方が喜ばれますし、関係性もよくなると思われます。 入ってまだあまり関係性ができていない場合や、あまり関りのない部署の場合でも5千円を包むのが妥当とされていますのでご参考ください。 上司への引っ越し祝い時に現金以外のプレゼントを送る場合のお勧めの物は、 タオルや日用品、アルコールを飲む場合はお酒、甘いものが苦手でない人はお菓子などのスイーツを送ると喜ばれます。 部下の場合 部下の場合も上司の相場と同様で、「 5,000円~10,000円」とされています。 先に引っ越し祝いをいただいている場合は同等金額を出しましょう。 現金以外でプレゼントを送る場合は上司の時と同じように 日用品やお菓子、お酒などを送ると喜ばれます。 引っ越し祝い のし袋 書き方 引っ越し祝いを包む場合は「のし」を付けて贈ると綺麗です。 のしをつける際、気を付けるべき点は「 紅白の水引で蝶結びのご祝儀袋・のし紙」を使用するようにしましょう。 表書きには新築祝いか新居祝いかに合わせて書くようにし、「御新築祝」「御新居祝」、中古物件を購入している場合は「御祝」と書くようにしましょう。 中袋には金額、名前、住所を書くようにするのも忘れないようにしましょう。 まとめ。 関係性によって対応を 人生でもあまり少ないイベントですが、包む金額で大切なのが感謝の気持ち、応援の気持ちの金額を包むことです。 途中にも書きましたが、事前に相手側からもらっている場合は、最低でも頂いている金額以上の金額を包むようにしましょう。 引っ越し祝いの金額やプレゼントは悩むことが多いですが、ぜひご参考いただければと思います。

次の

同一市内の引越しを安くするコツ!【引越し料金LAB】

引っ越し 金額 相場

実家を出て初めて一人暮らしを始める、転勤や住み替え、就職のため新しいアパートに単身引越しする…。 このような単身引越しの場合、単身パックや赤帽のプラン、カーゴ便などを選べば、上手に引越し費用を抑えることができます。 ただ、実際に引越し見積りを依頼してみると「このくらいの金額なら、自力で引越しした方が安いかも?」と悩んでしまう人もいるかもしれません。 単身(一人暮らし)の引越しについて料金を安く、上手に引越しをするためのポイントは以下です。 引越しの料金相場は同都道府県の場合、通常期(5月~1月)で約45,000円、繁忙期(2月~4月)で約67,000円• 同都道府県外の場合、通常期(5月~1月)で約53,000円、繁忙期(2月~4月)で約69,000円• 自力で引越しをする場合、料金は安くなるが労力と時間が必要• 料金を安く抑えるには『繁忙期を避ける』『大型家財のみ依頼』『赤帽利用』『単身パック利用』• 学生や就職で遠方へいく場合、不用品は処分し、宅配便で配送できるものだけ引越す ここでは単身(一人暮らし)の引越し料金相場と、費用を安くするコツとして引越し業者に頼むか?自力で行うか?それぞれの引越し方法のメリット、デメリット、そして単身(一人暮らし)の引越を安く抑えるためのテクニックについて詳しく説明していきます。 単身(一人暮らし)の引越し料金相場 単身(一人暮らし)の引越しにかかる実際の料金相場を見てみましょう。 料金相場を知ることで、引越し業者に見積もりを取る際に、目安をあらかじめ理解した上で交渉ができます。 単身(一人暮らし)の引越し料金 通常期(5月~1月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 45,149円 67,178円 5月 55,940円 72,321円 6月 42,480円 66,357円 7月 41,080円 80,896円 8月 42,718円 61,904円 9月 51,327円 61,473円 10月 47,865円 66,959円 11月 54,537円 57,385円 12月 34,315円 63,807円 1月 36,082円 73,500円 繁忙期(2月~4月) 月 同都道府県内 同都道府県外 平均 53,526円 69,449円 2月 36,736円 52,354円 3月 63,047円 80,844円 4月 60,796円 75,149円 引越しの料金相場は、同都道府県の引越しの場合は5万円前後、同都道府県外の場合は7万円弱が全体の平均費用となります。 細かく見ていくと、同都道府県内の引越しでは、通常期の料金相場の平均は45,149円。 繁忙期の場合は53,526円でした。 時期により約8,000円の差があります。 同都道府県外の場合、通常期の料金相場の平均は67,178円。 繁忙期の場合は69,449円なので約2,800円の差があります。 単身(一人暮らし)の引越し料金を安くする3つのコツ それでは実際に引越し料金を安くするコツについてご紹介します。 大きく分けると『安くなる時期を選ぶ』『自力で引越しをする』『単身向けサービスを利用する』の3つがポイントです。 安くなる時期を選ぶ 例えば通常期の同都道府県内の引っ越しでも12月の場合、費用の相場平均は34,315円、繁忙期の3月になると63,047円。 安い時期を選べば約5割も安く引越しができます。 進学や卒業、入学、転勤の時期に当たる3・4・9月は特に料金が高くなります。 また、引越が集中する月末は引越し業者に空きがないこともあるかもしれません。 どうしても繁忙期の真っただ中に引っ越さなければならない場合は自力で引越しすることも考えて、どちらが安くなるか検討してみるといいでしょう。 自力で引越しをする 家族や友人に頼んで自力で引っ越しをするケースについて考えてみましょう。 自力で引越しする場合の相場は、軽トラックを借りると1日のレンタル料金は7,000~8,000円程度。 それにプラス、距離に応じた燃料代が必要です。 荷物を一人で運びきれない場合、家族や友人、知人に手伝いを依頼しなければならないこともあるでしょう。 手伝ってくれた人へのお礼や交通費なども考えると、無料にはならず、1万円~は費用が必要となりそうです。 自力引越しのメリットは、引越し業者に依頼した場合にかかる平均相場5万円前後の料金が半額程度に節約できます。 また自分の好きな時間に作業ができ、家族や友人、知人に頼むことで、気兼ねなく作業ができます。 自力引越しのデメリットとしては、時間と労力が必要となります。 引越し業者へ依頼をする場合、荷物の新居への搬入は業者が対応してくれますが、自力では自身で対応する必要があります。 また、レンタカーを手配し返却する手間がかかりますし、レンタル時間に制限もあります。 普段運ばない荷物を積んでいるため、運転にも気を配らなくてはいけません。 単身向けサービスを利用する 荷物が少ないとはいえ、料金が抑えられれば引越し作業に慣れている業者に頼みたいのが皆さんの本音ではないでしょうか。 引越し業者では単身引越し用のパックプランが充実しているところも多く、安心して引っ越ししたいという方や荷物が多い方にはオススメです。 料金の相場はワンルーム程度の荷物が少ない場合で東京・大阪間で約25,000円程度。 同一都道府県内なら15,000円くらいから依頼することができる引越し業者もあるようです。 利用するメリットは、引越し作業になれた作業員が荷物を搬出してくれるため、安心感があります。 また家電の設置や不用品の回収など、こちらの希望に合ったサービスを提供してくれるのもメリットでしょう。 また引越し業者によっては女性の作業員に依頼できるレディースプランや学割プランを用意しているところも。 荷物の量によってさらに安いプランが適用されることもありますので、単身プランを利用する場合はまず、一括で複数の引越し会社に見積りを依頼するのが賢い選択と言えるでしょう。 単身向けサービスのご紹介 荷物が少ない単身(一人暮らし)の引越しの場合、単身向けサービスとして『赤帽を利用する』『単身パックを利用する』2つの方法があります。 赤帽を利用する 低価格で使いやすい赤帽の引越しサービスを利用します。 貨物軽自動車運送業を営む個人事業主が集まった事業協同組合のことを赤帽と呼んでいます。 軽トラックの最大積載量は350kg。 ドライバーの重量を除くと実質の荷物は280kg程度まで積むことができます。 赤帽を利用するメリットは、赤帽を利用すると貸切で荷物を運ぶことができます。 移動距離が短く、荷物が少なめという方、実家から初めての1人暮らしのために引っ越しするという方に人気があるサービスです。 距離20km以内・軽トラック1台、ドライバー1名、2時間以内の作業であれば、13,500円とコスパも抜群。 ただし、土日祝日は2割増しの料金となるので注意してくださいね。 また赤帽は個人事業主が経営しているので、大手の引越し業者より融通が利くという利点があります。 家の前の道路が狭くて大手の引越し業者に断わられた• 近所に迷惑をかけないように配慮しながら夜、引っ越し作業をしたい• 仕事の都合でどうしても引越が深夜になってしまう• 急な引っ越ししなければならなくなった というような事態にも対応してくれるところがあるので、まずは相談してみましょう。 大型の家具・家電・荷物だけを依頼することもできます。 「単身引越しなので、荷物の量は自力で引越しできる程度。 でもベッドや冷蔵庫、ソファなどは自分で運べないものだけ運んでほしい……。 赤帽はそんなニーズにもしっかり答えてくれます。 例えば、冷蔵庫やベッド、タンス、テレビなど軽トラックに載せられる荷物であれば、時間指定なしで5,400円から運んでもらえます。 時間指定ありの場合でも8,000円から対応してもらえるので安心です。 赤帽を利用するデメリットは、赤帽や軽トラックを使用したプランでは積載できる荷物量に限度があります。 そのためドライバー以外の作業員は頼めない、養生や梱包の依頼もNGということが多くなっているようです。 引越し業者と異なり、ダンボールや衣装ケースなどの梱包材の提供もないので注意しましょう。 ドライバーの方以外に助手を頼むとその分料金がかかってしまいます。 荷物の運搬は『お客様のご協力があること』を前提としているところも多いので、ある程度自分で手伝うことが条件となります。 また、積める荷物の量が意外に少ないため、当日になって荷物が積み切れずに、宅急便で荷物を送らなければならなくなった…というケースも。 軽トラックの場合、15kgの段ボール20個以下が目安ということを覚えておきましょう。 単身パックを利用する 単身パックは『カーゴ便』や『混載便』、『らくらく家財宅急便』のサービスが代表的です。 『カーゴ便』に代表される単身パックは、例えばある運送業者では高さ145cm、幅100cm、奥行75cmのカーゴを使用して引越しの荷物を運んでもらい格安の料金で引越しができます。 カーゴ便は他の荷物と一緒にトラックに積み込むため、料金を抑えることができます。 料金は繁忙期外で神奈川県から東京23区の場合で約23,000円程度が相場。 この大きさならテレビ、パソコン、ミニコンポ、掃除機、カラーボックスとローテーブル、段ボールが5箱程度まで運んでもらうことができます。 ワンルーム程度の荷物量の引越しや実家に荷物を送る場合などはこの大きさでも十分でしょう。 カーゴ便は一人暮らしをする方はもちろんのこと、単身赴任のための引越しの他、高齢者の方がグループホームなどに入居する際にもよく利用されているようです。 またwebから予約した場合のweb割引を用意しているところも多くなっています。 カーゴ便を依頼するときには、荷物の送付先までの距離によって料金や荷物が到着するまでの日数が異なるため、余裕をもって依頼する必要があります。 荷物が到着するまでの日数はおよそ3~5日が一般的。 引越しまでの期間が短い場合には適していません。 『混載便』とは、混載便とは長距離トラックの空いているスペースを利用して荷物を運ぶサービスです。 例えば東京から大阪、名古屋、広島などの地方都市に進学・転勤するなどで移動距離の長い引越しをする場合、混載便を利用すると引越し料金を安く抑えることができます。 自分の荷物だけを運んでもらうチャーター便と違い、日数はかかるものの料金をぐんと安く抑えることができるのが特徴です。 自分の都合ではなく、トラックの都合に合わせて荷物をピックアップしてもらうことで料金を安くできるのです。 引越し業者によって差はありますが、東京・大阪間の単身引っ越し(ワンルーム程度)の荷物なら約37,000円~というところも。 大手引越し業者が提供するカーゴ便よりも多く荷物を積める場合もあり、大きな荷物に対応してもらえる場合もあるので、移動距離の長い単身引越しを予定している方は是非、混載便の見積もりも依頼してみましょう。 『らくらく家財宅急便』は、ヤマトホームコンビニエンスが提供する『家具や家電など大物家財だけを1点から運送依頼』ができるサービスです。 自身で運搬できない大物家財だけを引越し依頼ができるので、必要な分だけの引越し料金に抑えられます。 料金相場は家財や距離により異なりますが、Aランク(一番軽量)料金の相場は1点1,400円~からあります。 宅配便だけを利用する方法 家財の引越しが不要な場合は、宅配便を利用して料金を安くする方法があります。 学生の方が実家に帰る、あるいは就職して職場の近くに新居を借りるといった場合、引越業者ではなく宅配便のみで引越しを済ませることも不可能ではありません。 もともと学生の単身(一人暮らし)の場合、大型の家具や家電は『学生の間だけ使えればいい』という基準で選んでいることが多いのではないでしょうか。 実家に戻る場合も、こうした家具は必要なくなることが多いですよね。 大きな荷物を初めとする不用品を処分し、ダンボールに詰められる荷物だけを新居に運ぶようにすれば宅配便の料金だけで引越しをすることも可能になります。 ベッドや冷蔵庫、ソファ、食器棚などがあると高くついてしまうので、事前に処分したり友人に譲ったりするなどしておきましょう。 ダンボールの3辺の合計が170cm、重さが30キロgまでなら『ゆうパック』を使用することが可能です。 さらにゆうパックは郵便局への持ち込み割引、同じ宛先に2個以上の荷物を送ることでの割引があります。 例えば、170cmサイズ、30キロまでの荷物を2つ同一県内での移動の場合、『持ち込み割引』と『複数口割引』が適用されて1個当たり1,890円、合計料金は2つで3,780円となります。 無料で時間帯指定も可能です。 これに対して、クロネコヤマトでは160cm、25キロまでの荷物が同一県内で1個当たり1,836円(持ち込みは100円引き)。 ゆうパックの方が5キロ多い分、お得と言えそうですね。 大きな荷物がない方はこうした方法を検討してみてもいいのではないでしょうか。

次の