バイオハザードre3 売上。 海外で低評価多数のバイオハザードRE3のレビュー RE2が神ゲーと呼ばれているのにこの差は酷い 1ヶ月プレイしてみての感想

【バイオハザードRE3】売上予想|過去作との比較【バイオRE3】|ゲームエイト

バイオハザードre3 売上

この記事の目次• バイオハザードRE:3は前作よりも謎解きは少なくアクション性重視のゲーム性に! バイオハザードRE:3をプレイした率直な感想ですが、RE:2よりも 謎解きは少なくなりテンポ良くゲームが進む印象ですね。 個人的には前作よりも楽しめました! また、後述する 『緊急回避(ステップ)』が追加されたことでアクション性も向上しています。 緊急回避を導入した代わりに敵を多く配置するなどしてバランス調整されているので、前作よりも難易度が低くなったわけではないです。 とはいえ、ゲームとしてのクオリティは非常に高く、完成度の高い作品だということは間違いないです! バイオハザードRE:3ではステップ(緊急回避)が導入されアクティブでスピーディーな立ち回りが可能に! バイオハザードRE:3に新しく追加された要素でゲーム性に大きく影響するのが『ステップ(緊急回避)』のアクションです。 敵の攻撃に合わせて ジャストタイミングでステップ(ジャスト回避)に成功すると、スローモーション演出が入り、 一定時間自動で敵の弱点に照準が合うようになるので形勢逆転が可能になっています。 これがなかなか爽快で 慣れれば別ゲーのような楽しみ方も可能になるんですよね。 ただ、結構タイミングがシビアなので1周目であまり活用することは無かったです(出せればラッキーといった感じ)。 本編クリア後はジャスト回避をしやすくなるアイテムが入手出来るので、多くのプレイヤーが本格的にこの要素を活用できるようになるのは2周目以降ですね。 RE:2は初見プレイでクリアまで8時間かかったのに対し、RE:3は5時間ほどで終わりました。 とはいえ周回プレイを楽しむ為のショップ要素は楽しい 本編をクリアするとショップ要素が解放されます。 ショップではチャレンジを達成することで得られるポイントを消費することでゲーム性を変化させるアイテムを購入できます。 例えばこんなものがあります。 攻撃力や守備力を増強させる• 緊急回避を発動させやすくする• アイテムの所持量を増やす• 無限ライフル、無限ロケラン これらのアイテムは全ての難易度で共通して使えるので、 低い難易度でポイント稼いでアイテムを購入してから高難易度に挑むというプレイも可能です。 バイオハザード レジスタンスは非対称対戦ゲームで、いわゆる人気作品『デッドバイデイライト』のような内容です。 『追跡者からの逃走』が本作のテーマでもあるので、ダイナミックで見応えのあるイベントシーンが多いですね。 グラフィックのレベルも向上していると思います。 ゲームエンジン自体はRE:2でも使用しているものと同じですが、キャラクターのモデリングがリアルになったと思いますね。 回避システムのおかけで爽快感あって弾薬消費少なくできるし、ボス戦も楽ちん。 謎解はほぼ無い。 ネメシスは特定のイベントごとにしか現れないからタイラントほど厄介ではなかったかな〜。 — Todo-rosso Todorosso といった感じですね。 概ね高評価が多くて、怖いだけでなく爽快感もあるという意見が多く見られました。 グラフィックやサウンドがイマイチでもそれを上回る魅力があれば高得点になります。 同梱の『バイオハザード レジスタンス』を楽しめるかどうかで大きく評価は変わる(私は未プレイ)。 ゲーム自体のクオリティの高さは申し分無しですね。 新鮮さは無いものの期待を裏切らない出来になっていると感じました。 ステップ(緊急回避)というアクション要素が追加され、スピード感のあるプレイが可能になったのは好みが分かれる部分だと思いますが、個人的には単純に前作よりも楽しいと感じました。 特に周回プレイは前作以上に楽しめました。 謎解きが少な目なのも個人的には良かったです。 というわけで 前作RE:2が楽しめた人であれば本作は間違いなくオススメです。 ただ、前作よりも本編やオマケ要素のボリューム不足感は否めないので、同梱されてる『バイオハザード レジスタンス』をプレイするつもりが無い人には少々割高な買い物になってしまうのは残念だと思いました。

次の

バイオハザード RE:2

バイオハザードre3 売上

日本版(通常版とZ版)は、グロ規制されており、ヘッドショットしても頭がとばない。 腕や足を撃っても、切断されない。 イベントシーンやゲームオーバーシーンでも、元々の表現が規制される。 例えば、前作バイオRE2のシャッターシーンで、海外版はまっぷたつになるが、日本版(Z版含む)ではそのままなど、子供向け表現になっている。 海外版は、そのような規制がなく、ヘッドショットすれば頭がふっとび、ゾンビの腕や足を撃てばちぎれる。 イベントシーンも表現の規制なし。 なぜ日本版は規制されるの? 日本には、CEROという悪の組織がおり、社員数も少なくろくに仕事もしていない天下り団体なのだが、CEROの審査を通さないと、日本では販売できない(ゲームをしないおっさん、おばさんたちが、ちょろっと動画だけ見て審査している)。 CERO:Z(18才以上)だと審査されると、宣伝ができなくなる。 これをゲーム会社は恐れて(宣伝できないと売れない)、自ら日本版だけ表現を規制する。 CEROの問題点はずーっと何十年前から言われているが、一向に改善しない。 CEROがいて良かったなんて思ってるゲーマーは、1人もいない。 ただの利権団体。 海外には、CERO(笑)がおらず、これが海外版と日本版の差となっている。 日本が作ったゲームなのに、日本人だけ規制される。 【編集後記】カプコンは今回の行動はマズかったと思う。 何がマズいって発売一週間前に、いきなり「リージョンロック」かけて、声だけは大きい国内のPC版プレイヤーを怒らせてしまった。 国内PC版なんて、スズメの涙程度の売上しかないのだから、放っておけばよかったのに、わざわざ「リージョンロック」かけたら、そりゃ怒るよ。 ゲーマーは「規制」をすごく嫌う。 いいかげん開発は理解すべき。 別にグロ表現とか見たくないが、「なぜ日本のゲームなのに、日本人だけ規制されるの?」と、いつも日本版だけ高かったり、規制されていたり、発売日がおそかったりで、ふだんから国内の大手デベロッパーの二枚舌には、イラついてるわけ。 大人の事情とか、子供は知らんからな。 ユーザー目線で考えた時に、「リージョンロックをかけよう」とはならんだろ。 海外版を買う日本人とか少数派なんだから、見逃しとけばよかったのに。 c カプコン.

次の

無規制なPC版バイオハザードRE:3をSteamより2500円安く購入する方法【重要追記あり】

バイオハザードre3 売上

日本版(通常版とZ版)は、グロ規制されており、ヘッドショットしても頭がとばない。 腕や足を撃っても、切断されない。 イベントシーンやゲームオーバーシーンでも、元々の表現が規制される。 例えば、前作バイオRE2のシャッターシーンで、海外版はまっぷたつになるが、日本版(Z版含む)ではそのままなど、子供向け表現になっている。 海外版は、そのような規制がなく、ヘッドショットすれば頭がふっとび、ゾンビの腕や足を撃てばちぎれる。 イベントシーンも表現の規制なし。 なぜ日本版は規制されるの? 日本には、CEROという悪の組織がおり、社員数も少なくろくに仕事もしていない天下り団体なのだが、CEROの審査を通さないと、日本では販売できない(ゲームをしないおっさん、おばさんたちが、ちょろっと動画だけ見て審査している)。 CERO:Z(18才以上)だと審査されると、宣伝ができなくなる。 これをゲーム会社は恐れて(宣伝できないと売れない)、自ら日本版だけ表現を規制する。 CEROの問題点はずーっと何十年前から言われているが、一向に改善しない。 CEROがいて良かったなんて思ってるゲーマーは、1人もいない。 ただの利権団体。 海外には、CERO(笑)がおらず、これが海外版と日本版の差となっている。 日本が作ったゲームなのに、日本人だけ規制される。 【編集後記】カプコンは今回の行動はマズかったと思う。 何がマズいって発売一週間前に、いきなり「リージョンロック」かけて、声だけは大きい国内のPC版プレイヤーを怒らせてしまった。 国内PC版なんて、スズメの涙程度の売上しかないのだから、放っておけばよかったのに、わざわざ「リージョンロック」かけたら、そりゃ怒るよ。 ゲーマーは「規制」をすごく嫌う。 いいかげん開発は理解すべき。 別にグロ表現とか見たくないが、「なぜ日本のゲームなのに、日本人だけ規制されるの?」と、いつも日本版だけ高かったり、規制されていたり、発売日がおそかったりで、ふだんから国内の大手デベロッパーの二枚舌には、イラついてるわけ。 大人の事情とか、子供は知らんからな。 ユーザー目線で考えた時に、「リージョンロックをかけよう」とはならんだろ。 海外版を買う日本人とか少数派なんだから、見逃しとけばよかったのに。 c カプコン.

次の