投資信託 ラサール。 投資信託 ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型)/マネックス証券

ラサール・グローバルREITファンド(毎月分配型):投資信託

投資信託 ラサール

申込日• 約定日• 解約受渡日• 次回決算日• 将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。 各日付は参考情報であり、突然発生するファンド休日などをファンドカレンダー上の各日付に反映できない場合があります。 ご注文の際は店舗、電話(新生パワーコール)、インターネット(新生パワーダイレクト)にて必ず正しい日付をご確認ください。 必ず下部の「分配金について」をご確認ください。 当ファンドの特徴 ・ 世界各国のREIT(不動産に投資する投資信託)に投資します。 ・ 毎月決算となりますが、分配金は増減したり、支払われない場合があります。 ・ 為替の影響による値動きを抑える取引(為替ヘッジといいます)は行われないため、為替の影響による値動きの影響(為替リスクといいます)を受けます。 当ファンドの主なリスク等 この投資信託は、主に不動産を実質的な投資対象としています。 この投資信託の基準価額は、組み入れた不動産等の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。 詳しくは当ページに掲載の目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 詳しくは、目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 また、キャンペーンなどにより一時的に異なる取り扱いや、お取扱窓口により異なる取り扱いとなることがあります。 約定金額(外国籍投資信託の場合は申込金額)に申込手数料(税込)を加えた金額でご購入ください。 また、コールセンターでの投資信託にかかわるお問い合わせは、平日 8時~20時/土日・祝日 10時~18時(土日・祝日は各種照会サービスのみ。 お取引は承っておりません)となります。 国内籍投資信託の受付不可日は本ページのファンドカレンダーをご覧ください。 新生パワーダイレクト(インターネット)からお申し込みされる場合、ご希望の引落日の前営業日がファンド毎に定められた受付不可日にあたると、受付不可日の前営業日の18時までにお申し込みが必要となります。 設定日・信託期限 「分配金について」• 分配額はあくまでも過去の実績であり、今後の継続的な分配金の支払いや運用成果を約束するものではありません。 将来、分配額が変更されたり、決算が行われても分配が行われない場合もあります。 基準価額が大きく値下がりした場合は、投資元金の損失が1年間の分配金受け取り合計額を上回る場合があります(分配金込み騰落率はマイナスとなります)。 分配金は受益者毎の個別元本により、課税扱いとなる普通分配金と非課税扱いとなる元本払戻金(特別分配金)に区分されます。 元本払戻金(特別分配金)は投資元本の一部払い戻しに相当し、収益ではないことにご注意ください。 こちらも必ずご確認ください。 NISA口座について• NISAには、成人を対象とした「一般NISA」、成人を対象としつつ積立投資に特化した「つみたてNISA」、未成年者を対象とした「ジュニアNISA」があります(総称して「NISA」といいます)。 また、それぞれの口座を、「一般NISA口座」、「つみたてNISA口座」、「ジュニアNISA口座」と呼びます(総称して「NISA口座」といいます)。 NISAをご利用されるには、NISA口座の開設が必要となり、同一年においてお一人さまにつき1口座(1金融機関等)のみ開設いただけます(当年中に一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更した場合を除きます)。 NISA口座開設のお申込の際は、当行所定のお申込用紙に必要事項をご記入のうえご提出ください。 また、非課税制度の適用を受けるには、個人番号および法令で規定する確認書類のご提出が必要となります。 NISA口座では、毎年新たに非課税枠が設定されます。 いったん使用した非課税枠の再利用はできないため、NISA口座で購入した投資信託を売却した場合であっても当該投資信託を購入する際に使用した非課税枠を利用した再投資はできません。 非課税の対象は、売却益および分配金となります。 NISA口座での損失は税務上ないものとみなされるため、損益通算・繰越控除はできません(ジュニアNISAの課税ジュニアNISA口座における損失については損益通算が可能です)。 ジュニアNISAの利用を申し込むと、「ジュニアNISA口座」と「課税ジュニアNISA口座」の両方が同時に開設されます。 売却代金および分配金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理されます。 投資信託について支払われる分配金のうち元本払戻金(特別分配金)については元々非課税のため、NISA制度上のメリットは享受できません。 一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更される場合、NISA口座内の投資信託等を移管することはできません。 一般NISAとつみたてNISAはどちらか1つを選択して投資を行うことになっており、選択の変更をご希望の場合、基本的に暦年単位でご変更いただきます。 「非課税口座異動届出書(勘定の変更用)」をご提出いただくことにより、当年分あるいは翌年分について、一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへの変更が可能です。 ただし、当年分の一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへ変更を希望される場合は、その年における非課税枠の利用がない場合に限り勘定変更が可能です。 受理日までに当年の非課税枠を利用されている場合には、翌年分の勘定変更とさせていただきます。 [2019年8月27日現在] 一般NISAについて• 非課税枠は年間120万円となります。 一般NISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約の締結は任意となります(一般NISAは積立契約を締結しなくても、投資信託を購入することができます)。 投資可能期間は、2023年12月末までとなり、非課税期間は最長5年間となります。 5年間の非課税期間満了時にNISAでの継続保有をご希望の場合は、保有資産を時価で全額、翌年分の新たな非課税枠へ移管し、さらに最長5年間NISAの非課税枠をご利用いただくこと(ロールオーバー)ができます。 ロールオーバーを希望される場合、非課税期間満了の年の翌年分の非課税枠について、一般NISAを選択していただく必要があります。 ロールオーバーをする場合、年末最終営業日の評価額で移管され、翌年の非課税枠をその分使用します。 非課税枠(年間120万円)を超えている場合も全額ロールオーバー可能ですが翌年の非課税枠はなくなります。 なお、5年間の非課税期間満了時に保有資産をつみたてNISAへ移管することはできません。 非課税期間終了時にロールオーバーを行う場合は、当行が定める日までに移管依頼書を提出していただくことが必要になります。 また、ロールオーバーを行なわない場合において、非課税期間満了時に特定口座が開設済みであるにもかかわらず一般口座への移管を希望する場合には別途移管依頼書の提出が必要になります。 その他の場合は、特段の手続なしに特定口座(未開設の場合は一般口座)に移管されます。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱う国内籍公募株式投資信託となります(ただし、つみたてNISA専用の公募株式投資信託を除きます)。 お客さまが一般NISA口座でご購入した投資信託は、運用状況や純資産総額などの状況から運用継続が困難な場合、委託会社の判断で信託期間の短縮や早期償還の手続きが取られる場合があります。 この場合、お客さまが一般NISA口座でご購入、あるいはロールオーバーされた当該投資信託は、売却したことと同様の扱いとなり、一般NISA口座での保有はその償還時までとなります。 これにより、お客さまが一般NISA口座で当該投資信託をご購入、あるいはロールオーバーされた金額分、該当する年のNISA口座の非課税枠が使用できなくなりますのでご注意ください。 [2018年12月14日現在] つみたてNISAについて• 非課税枠は年間40万円となります。 つみたてNISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約を締結していただくことが必須となります(つみたてNISAは、積立契約を締結せずに投資信託を購入することができません)。 積立契約に基づき、定期かつ継続的な方法による買付が行われます。 投資可能期間は、2018年1月から2037年12月末までとなり、非課税期間は最長20年間となります。 一般NISAやジュニアNISAと異なり、非課税期間終了時に新たな非課税枠へ移管いただくこと(ロールオーバー)ができません。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱うつみたてNISA専用の公募株式投資信託となります。 つみたてNISAは、つみたてNISAの利用開始日から10 年を経過した日(10 年後以降は、5年を経過した日毎の日)におけるお客さまの氏名、所在地の確認が必要となります。 1年内に当該確認ができない場合、非課税枠への投資信託の受け入れができなくなります。 積立日によっては、受渡日が年をまたぐことがあり、年間の非課税枠の上限40万円を超過する場合(超過分は特定口座または一般口座でのお預りとなります)や、上限40万円に到達しない場合があります。 つみたてNISAで買い付けた投資信託について、原則として年1回、年初に信託報酬等の概算値を通知いたします。 [2019年8月27日現在] <NISAプラスプログラムについて> 「」とは、新生銀行の一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)において国内籍公募株式投資信託をご購入の際、 「NISA口座」での購入としてご希望の金額を一度にお申し込みいただくと、一度に申し込まれた金額に対する申込手数料が無料になるプログラムです(運用期間中や換金時には商品ごとに所定の手数料・費用等がかかります)。 なお、ジュニアNISA口座においては店頭でのみ「NISAプラス」をお申し込みいただけます。 申し込まれた金額のうち、非課税枠内の金額は一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)での購入、非課税枠を超える金額については課税口座(一般口座または特定口座)での購入となります。 「NISAプラス」をご利用になるには非課税枠が1円以上残っている必要があります。 (一般NISAで投信積立を利用する場合における「NISAプラス」プログラムについて) 「NISA口座優先預り」を選択して投信積立契約をご契約いただいており、かつ、毎月の積立取引日(引落日)(銀行休業日もしくはファンド休日の場合はその翌営業日)の当行所定の時点において、当該積立取引にかかる投資信託の受渡日が属する年のNISA非課税枠が1円以上残っていると判定された場合には、「NISAプラス」プログラムが適用され、当該投資信託の申込手数料が無料になります。 なお、非課税枠内の購入金額は一般NISA口座での約定、非課税枠を超える購入金額については課税口座(一般口座または特定口座)での約定となります。 (つみたてNISAにおける「NISAプラス」プログラムについて) 新生銀行で取扱うつみたてNISA専用ファンドはすべてノーロード(申込手数料無料)であるため、「NISAプラス」プログラムにかかわらずそもそも申込手数料はかかりません。 つみたてNISAをご利用のお客さまが別途特定口座または一般口座で投資信託購入の約定を行った場合、たとえかかる投資信託の約定日がつみたてNISAで設定した投資信託の各約定日と同一の日であったとしても、特定口座または一般口座で購入した投資信託について「NISAプラス」プログラムは適用されませんのでご留意ください。

次の

投資信託の売り時はいつ? [投資信託] All About

投資信託 ラサール

投信が値上がりしてる! 今、売ったほうがいいのかな? 投資信託が値下がりした! いま売るべき? 2018年2月上旬、日経平均株価が大きく下落しました。 この株価下落は「調整」、つまりちょっと勢いよく上がりすぎちゃったのでいったん冷静な価格まで戻ったもの、と言われています。 調整は規模や期間の違いはあるもののたびたび起こるもので、調整されたあとは(経済状況の大きな変化がなければ)また値上がりしていきます。 今回の株価下落で、日本株式に投資している投資信託の多くも値下がりしました。 自分が持っている投資信託が値下がりして、不安になった方もいるでしょう。 これだから投資は嫌だ、いっそ全部売ってしまいたいと思った方もいるかもしれません。 そんなときに思い出してほしいのが、「投資信託ってどういう商品だったっけ?」ということです。 個別の株式に投資しているなら、市場の変化を見ながら売買していくことが必要です。 でもあなたが持っているのは投資信託です。 面倒なことをすべてプロ(ファンドマネージャー)がやってくれるのが投資信託のよいことろのはずです。 投資信託の購入者は、自分では何もしなくても 投資信託を持っているだけで 、常に有望と思われる銘柄を保有し、見込みのない銘柄を除くことができるわけですから、投資信託自体をタイミングを見計らってこまめに売買する必要はないのです。 いますぐ売らなければいけない事情がないのなら、わざわざ値下がりしている時に売る必要はありません。 売って、そのあとどうするの? 「運用がまったく上手くいっていない投信を整理したい」、「外国債券に投資する投信が好調で、気づいたら自分の資産の半分近くが外国債券になってしまった。 これでは資産のバランスが悪いので、少し売って日本の株式に投資する投資信託を買い足したい」などという場合は、売却してほかの投資信託を購入するというのは有効なことです。 しかし、「値下がりして不安だから売ろう」「値上がりしたからとりあえずいったん売ろう」という人に「売って、その後どうするんですか?」と質問すると、「何か別の投資信託を探して買おうかな」という答えが返ってくることがあります。 そういう人は、投資信託を売買することでかさんでいくコスト 購入手数料や解約時の信託財産留保額 を忘れているのかもしれません。 売却して、また似たような何かに投資するというのなら、売却しないで今の投資信託を持ち続けたほうがコストは少なくて済みます。 一時的に値下がりしたとしても、上手な運用を行っている投資信託をわざわざコストをかけて売る必要はありません。 運用が基本的に上手な良い投資信託なら、値下がりした時は安く買い増すチャンスとも言えます。 投資信託の売り時とは? では、投資信託はいつ売却するのがよいのでしょうか。 それは、「お金が必要になった時」です。 「そろそろ家のリフォームが必要かな」「子どもが再来年には大学受験だ」など、お金が必要になる時期が近づいてきたら必要な分だけ売却すればよいのです。 「来月までに大学入学金を払わないといけないという時に、その投資信託が値下がりしていたらどうするんですか?」という質問が出そうですね。 ここでまたまた基本に立ち返りましょう。 時間をかけて資産を育てていく 投資は「当面は使わないお金」で行うのが基本です。 あと数年で使用時期が来ると思ったら、基準価額が高いと思われる時期に売却し、使用予定時期にちょうど満期がくる定期預金や国債などに預け換えておけばよいのです。 「来月までの一カ月」では上手に売るのは困難でも、「数年後までに」というのなら大丈夫でしょう。 このとき、「一番値上がりしているところで売却するぞ!」と欲を出すのは禁物です。 一番の高値の予測など難しすぎます。 一度に売却する必要はありませんので、利益が出ている時期に一部を売却して安全性重視の資産に変え、残りは引き続き運用を続ける、またしばらく経って資産が増えたら一部を売却して安全性重視の資産に変え……、というように、使用する時期までに数回に分けて売却していってもよいのです。 金融商品のこまめな売り買いは、そのたびに「儲かった!」という気持ちも味わえて楽しいものですが、そういう楽しみは個別株式への投資で味わうのはいかがでしょうか。 優れた投資信託は、長期にわたって資産を増やしてくれるものですから、「信じて託す」気持ちで長くつき合うのがおすすめです。

次の

ラサール・グローバルREIT(毎月分配型)

投資信託 ラサール

運用方針 「世界REITマザーファンド」への投資を通じて、世界各国の金融商品取引所に上場する不動産投信に投資を行う。 世界の不動産投信に投資を行うことで、比較的高い分配金利回りを安定的に獲得することを目指す。 原則として、為替ヘッジを行わない。 ラサール インベストメント マネージメント セキュリティーズ エルエルシーにマザーファンドの運用の指図に関する権限を委託する。 日興アセットマネジメント 3142. 64億円 海外REIT(含む北米)-為替ヘッジ無し• 休業日の場合は、翌日以降の最初の営業日が分配日となります。 詳細情報 2004. 23) 1,240円 (2020. スポット購入:100円以上1円単位• 積立:100円以上1円単位• 注)金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は下記「IFA用手数料」が適用されます。 詳細については下記の「リスクと費用について」をご確認ください。 基準価額の推移 2020年07月17日 1,520円 2020年07月16日 1,534円 2020年07月15日 1,525円 2020年07月14日 1,518円 2020年07月13日 1,523円 分配金(税引前)の推移 決算日 分配金 落基準 2020年07月06日 15円 1,576円 2020年06月05日 15円 1,635円 2020年05月07日 15円 1,431円 2020年04月06日 15円 1,319円 2020年03月05日 15円 1,981円 2020年02月05日 15円 2,085円 2020年01月06日 25円 2,031円 2019年12月05日 25円 2,054円 2019年11月05日 25円 2,107円 2019年10月07日 25円 2,071円• ファンドスコア推移 リスクリターン(税引前)詳細 2020. 10 更新 パフォーマンス 6ヵ月 1年 3年 5年 リターン 年率) -38. 04 -19. 03 -2. 93 -2. 26 リターン 年率)楽天証券分類平均 -36. 78 -17. 40 -2. 46 -1. 16 リターン(期間) -21. 29 -19. 03 -8. 55 -10. 80 リターン(期間)楽天証券分類平均 -20. 49 -17. 40 -7. 20 -5. 66 リスク 年率) 58. 11 41. 30 26. 04 23. 18 リスク(年率)楽天証券分類平均 59. 38 42. 12 26. 15 23. 98 0. 98 0. 99 1. 00 相関係数 1. 00 1. 00 1. 00 1. 65 -2. 29 -0. 50 -1. 08 トラッキングエラー(TE) 3. 12 2. 50 2. 14 2. 13 シャープレシオ(SR) -0. 53 -0. 30 0. 02 0. 02 インフォメーションレシオ(IR) -0. 85 -0. 92 -0. 24 -0. 51 相関係数 2つの商品の間に見られる、値動きの関係を表す数値のこと。 相関係数はマイナス1~1までの範囲の数値で表され、相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことをあらわし、マイナスである場合には、反対方向に動くことを意味します。 相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。 信頼度は以下を参考にしてください。 8 ~ 1. 0 非常に強い相関 0. 6 ~ 0. 8 かなり強い相関 0. 4 ~ 0. 6 やや強い相関 0. 2 ~ 0. 4 やや弱い相関 0. 0 ~ 0. 2 無相関 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。 シャープレシオ(SR)とは リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。 シャープ・レシオは、負担するリスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。 例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAがシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになり、 シャープ・レシオの数値が大きいほど、それだけ小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。 毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について 投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。 下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。 投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。 投資信託に関する情報提供について• 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。 投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 (楽天証券分類およびファンドスコアについて)• 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。 情報提供:株式会社QUICK 各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。 本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。 また、予告なしに変更を行うことがあります。

次の