生理 1週間来ない。 「生理が来ない…!」不安になる生理の悩みと対処法

1週間生理が来ない!遅れる理由とは?妊娠以外に考えられる原因をチェック!

生理 1週間来ない

特に婦人科系の病気にかからず、女性ホルモンがバランスよく分泌されている場合は、 25~ 38日の間のほぼ一定の周期で生理は訪れます。 毎回同じ周期の人もいれば、 2~ 3日程前後する人もいるなど、その周期は人によって異なります。 生理の開始予定日を一週間以上過ぎても来ない場合は、「生理が遅れている」と判断できますが、「生理が 一週間遅れる=妊娠」とは限りません。 そこにはさまざまな理由が考えられます。 生理が一週間遅れたら「妊娠初期症状」をチェック! 生理予定日から一週間遅れた場合、もしも妊娠していれば妊娠四週目に当たります。 この頃から妊娠初期症状があらわれはじめる人も多いので、性交渉があった場合は、まずは妊娠初期症状に当てはまる症状がないかをチェックしてみましょう。 特に多いのが、 胸がはる・痛みがある、腰痛、においが気になるなどのつわりのような症状や強烈な眠気です。 妊娠初期症状は PMSの症状と似ていることが多いので、 基礎体温の高温期が続いている場合、やはり妊娠検査薬の使用もオススメします。 そのため、 妊娠検査薬は「生理開始予定日の一週間後以降」が、判定可能な時期となります。 女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンという 2つのホルモンがあり、これらがバランスよく分泌されることで一定の周期で生理が起こります。 しかし、これらのホルモンのバランスが崩れると生理周期が乱れて、生理が遅れてしまうことがあります。 女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因として考えられるのが、睡眠不足、過度な食事制限などのダイエット、慢性的な運動不足、仕事などのプレッシャーやストレスなど。 これらの原因に思い当たる点がある人は、意外と多いのではないでしょうか? すぐに生活を改善するのは難しいとしても、一日の目標睡眠時間を決める、ジャンクフードやコンビニのお弁当ばかりに頼らない、週に一度はウォーキングをしてカラダを動かすなど、できることからはじめたいですね。 また、まれにですが、ホルモンバランスの乱れから、将来的に排卵障害になる人もいます。 排卵障害を放っておくと、結婚してもなかなか子どもを授かれないことがあるので、独身時代から手帳やアプリなどに生理開始日や基礎体温を記録するクセをつけておきたいところです。 それぞれの病気と生理が遅れてしまう直接的な原因は、まだはっきりとわかっていませんが、多嚢胞性卵胞症候群( PCOS)や子宮内膜症などは、生理が遅れてしまう婦人科系の病気とされています。 婦人科系の病気には、自覚症状が現れないものもあるので、異常が続く場合は早めに病院で検査することをオススメします。 低用量ピルや抗うつ薬、胃薬などを服用していると、体内でプロラクチンと呼ばれるホルモンが多くなるといわれています。 このホルモンは出産後に母乳分泌をうながすといわれており、妊娠していない女性にとっては、女性ホルモンのバランスが崩れる原因になってしまうのです。 日常的に服用している薬があれば、お薬手帳などから薬に含まれている成分をきちんと確かめて、生理が 1週間以上遅れるようなことがあれば、担当医に相談するようにしましょう。 これらの原因のほか、閉経している可能性も考えられます。 意外に思われるかもしれませんが、最近では、 20~ 30代で早期閉経を迎える人がまれにいるのです。 これもまた、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係しています。 病院での治療も可能なので、 2カ月ほど生理が遅れるようなら、すみやかに病院で調べてもらいましょう。 ホルモンバランスを整える食材 生理周期の乱れを防ぐためには、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンがバランスよく分泌される必要があります。 若い女性の場合、女性ホルモンの原料となるたんぱく質と良質な脂質が不足しがち。 以下の食材を普段の食事で意識的にとるようにしましょう。 もしかしたら、ほっと胸をなでおろした人もいるかもしれません。 生理が一週間遅れているからといって、あまり神経質にならなくても大丈夫ですが、女性の体調は変化しやすいので、自分の生理周期・生理期間の変化には気を配るようにしたいもの。 生理期間が長かったり、反対に短かったりした時にも、女性ホルモンに何らかの変化が起きた可能性は否定できません。 見てわかる体調管理だけでなく、目には見えないホルモンと上手に付き合うことも、ステキな大人の女性のたしなみなのですよ。

次の

生理が10日以上こない。でも陰性・・・これは妊娠した確率はないってこ

生理 1週間来ない

特に婦人科系の病気にかからず、女性ホルモンがバランスよく分泌されている場合は、 25~ 38日の間のほぼ一定の周期で生理は訪れます。 毎回同じ周期の人もいれば、 2~ 3日程前後する人もいるなど、その周期は人によって異なります。 生理の開始予定日を一週間以上過ぎても来ない場合は、「生理が遅れている」と判断できますが、「生理が 一週間遅れる=妊娠」とは限りません。 そこにはさまざまな理由が考えられます。 生理が一週間遅れたら「妊娠初期症状」をチェック! 生理予定日から一週間遅れた場合、もしも妊娠していれば妊娠四週目に当たります。 この頃から妊娠初期症状があらわれはじめる人も多いので、性交渉があった場合は、まずは妊娠初期症状に当てはまる症状がないかをチェックしてみましょう。 特に多いのが、 胸がはる・痛みがある、腰痛、においが気になるなどのつわりのような症状や強烈な眠気です。 妊娠初期症状は PMSの症状と似ていることが多いので、 基礎体温の高温期が続いている場合、やはり妊娠検査薬の使用もオススメします。 そのため、 妊娠検査薬は「生理開始予定日の一週間後以降」が、判定可能な時期となります。 女性ホルモンにはエストロゲン、プロゲステロンという 2つのホルモンがあり、これらがバランスよく分泌されることで一定の周期で生理が起こります。 しかし、これらのホルモンのバランスが崩れると生理周期が乱れて、生理が遅れてしまうことがあります。 女性ホルモンのバランスが崩れてしまう原因として考えられるのが、睡眠不足、過度な食事制限などのダイエット、慢性的な運動不足、仕事などのプレッシャーやストレスなど。 これらの原因に思い当たる点がある人は、意外と多いのではないでしょうか? すぐに生活を改善するのは難しいとしても、一日の目標睡眠時間を決める、ジャンクフードやコンビニのお弁当ばかりに頼らない、週に一度はウォーキングをしてカラダを動かすなど、できることからはじめたいですね。 また、まれにですが、ホルモンバランスの乱れから、将来的に排卵障害になる人もいます。 排卵障害を放っておくと、結婚してもなかなか子どもを授かれないことがあるので、独身時代から手帳やアプリなどに生理開始日や基礎体温を記録するクセをつけておきたいところです。 それぞれの病気と生理が遅れてしまう直接的な原因は、まだはっきりとわかっていませんが、多嚢胞性卵胞症候群( PCOS)や子宮内膜症などは、生理が遅れてしまう婦人科系の病気とされています。 婦人科系の病気には、自覚症状が現れないものもあるので、異常が続く場合は早めに病院で検査することをオススメします。 低用量ピルや抗うつ薬、胃薬などを服用していると、体内でプロラクチンと呼ばれるホルモンが多くなるといわれています。 このホルモンは出産後に母乳分泌をうながすといわれており、妊娠していない女性にとっては、女性ホルモンのバランスが崩れる原因になってしまうのです。 日常的に服用している薬があれば、お薬手帳などから薬に含まれている成分をきちんと確かめて、生理が 1週間以上遅れるようなことがあれば、担当医に相談するようにしましょう。 これらの原因のほか、閉経している可能性も考えられます。 意外に思われるかもしれませんが、最近では、 20~ 30代で早期閉経を迎える人がまれにいるのです。 これもまた、ストレスやホルモンバランスの乱れが関係しています。 病院での治療も可能なので、 2カ月ほど生理が遅れるようなら、すみやかに病院で調べてもらいましょう。 ホルモンバランスを整える食材 生理周期の乱れを防ぐためには、女性ホルモンのエストロゲン、プロゲステロンがバランスよく分泌される必要があります。 若い女性の場合、女性ホルモンの原料となるたんぱく質と良質な脂質が不足しがち。 以下の食材を普段の食事で意識的にとるようにしましょう。 もしかしたら、ほっと胸をなでおろした人もいるかもしれません。 生理が一週間遅れているからといって、あまり神経質にならなくても大丈夫ですが、女性の体調は変化しやすいので、自分の生理周期・生理期間の変化には気を配るようにしたいもの。 生理期間が長かったり、反対に短かったりした時にも、女性ホルモンに何らかの変化が起きた可能性は否定できません。 見てわかる体調管理だけでなく、目には見えないホルモンと上手に付き合うことも、ステキな大人の女性のたしなみなのですよ。

次の

【生理が来ない】妊娠かもと思った時にチェックしたい15の症状

生理 1週間来ない

この記事の目次• 3週間生理がこない!検査薬は陰性なのにどうして? 3週間生理が遅れていて、妊娠検査薬で検査しても陰性だった場合、正常に排卵が起きていなことが考えられます。 排卵は脳の「脳下垂体」という部分でコントロールされていて、体調の変化やストレスが影響して正しく働いていない場合があります。 正常に排卵が起きていれば、排卵後から生理までに期間は2週間前後になります。 これは、排卵後の黄体ホルモンの寿命が2週間前後と決まっているためです。 排卵が正常に起きているかどうかは、 基礎体温を付けることで知ることが出来ます。 基礎体温を毎日測って付けていれば、排卵の状況から生理予定日を予測することも可能です。 生理が3週間も来ないのであれば、それは正常ではありませんので、妊娠をしていなくても産婦人科を受診するようにしてください。 生理がこないけど検査薬は陰性!3週間遅れているのはなぜ? 生理予定日から3週間が経過しているのに生理がこないのには、排卵のズレ以外にも下記のようなことが原因として考えられます。 排卵日がズレてしまったことにより生理予定日ではない時に妊娠検査薬を使用し、生理が遅れていると感じる原因になっていることが考えられます。 毎日ストレスを抱えて生活していると、子宮の働きも鈍くなってしまうことがあります また、人間関係や会社の悩みなどで、急に強いストレスを感じてしまった場合も、生理が遅れる原因になることがあります。 強いストレスを感じていると自律神経にも影響を及ぼしてしまうので、なるべくストレスを溜め込まないようにして生活するようにしましょう。 3週間生理がこない!これって想像妊娠?陰性でもつわりが・・・ 「妊娠したい」と強く願っていたり「妊娠が怖い」と妊娠を過剰に意識してしまっている時、本来は妊娠していないのに脳が「妊娠した」と勝手に思い込んでしまっていることも考えられます。 これを 「想像妊娠」と言いますが、この場合は生理が遅れる以外にもつわりのような症状が見られたり、妊婦さんのようにお腹が膨らんでくるという現象も起きてきます。 そして、この状態のまま予定日まで進んでしまうと、本当の妊婦さんのように陣痛や出血を起こしてしまうこともあるようです。 妊娠検査薬を使用して陰性の結果が出たことで想像妊娠の症状が改善されるのであれば問題はありませんが、そのまま想像妊娠の症状が続いてしまう場合であれば心療内科を受診して対処する必要があります。 日本では妊娠初期からエコー検査をしますが、海外ではこの検査をうけない選択をすることが出来たり、妊婦検診の回数自体が少ないため、そのまま出産予定日を迎えてしまう事例も報告されています。 妊娠検査薬のシステムとホルモンバランスの乱れについて 妊娠検査薬のシステムは、赤ちゃんを妊娠した時に出るhCGというホルモンが尿に溶けだしているかどうかを検査し、陽性か陰性かを判断します。 フライングで検査していたり、正しい生理予定日に検査していない場合は、検査薬が陽性と判断できるだけの量のhCGホルモンが分泌されていない可能性があります。 この場合、再度一週間後に検査してみると陽性反応を示す場合もあり、「検査をするのが早かっただけで本当は妊娠していた」ということもあります。 基礎体温を付けていると排卵や整理を予測することが出来ます。 通常21日ほど高温期が続けば妊娠しているということになりますが、この状態でも陰性結果だった場合「黄体存続症」という病気が疑われます。 この病気の場合、生理前に体に起こる状態が長く続いてしまいます。 これは、 ホルモンバランスの乱れが原因で起きることと考えられているため、乱れを改善することが必要になります。 生理がこないのは薬の副作用が原因のことも 今服用している薬はありませんか?薬の副作用が原因で生理が遅れてしまうこともあります。 市販されている風邪薬を服用していて生理がおくれてしまうこともあるのです。 お医者さんから処方された薬でも、副作用の説明欄に「月経不順」と書かれているものもありますので、現在薬を服用しているという人は一度確認してましょう。 風邪を引いただけで生理が遅れる人もいます。 1ヶ月以上生理がこない場合は、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。 妊娠をしていない場合でも、生理周期が乱れていることに変わりはありません。 何か体に異常があって生理がこないことも考えられますので、病院を受診して不安要素を取り除くようにしましょう。 3ヶ月以上生理がこない場合は、無月経になってしまうことも考えられます。

次の